獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200501-12

避妊 食事
投稿日 2005年1月7日(金)22時28分 投稿者 チーママ

nonさん
確かに避妊するかどうかを決めるのは飼い主です。
世の中避妊していないウサギのほうが多いでしょう。
ただし、4・5歳を過ぎると、婦人科系の病気は他の動物に
比べてハイリスクになると言うのが通説にはなっています。
獣医さんができるだけしたくないと言うのは、おそらく
麻酔やその後使用する薬や縫合に関する諸問題の為ではないか
と思います。
ウサギは他の動物とは使える薬が違います。ウサギには使って
いけない薬品があるのです。麻酔に関してもトラブルが多いかも
しれません。全身麻酔をする間は、胃腸も眠ってしまいますので、
術後の胃腸の活動再開に手間がかかる事があります。
我が家のユキがそうです。ですから歯科処置位ではよほどの事が
ない限り、麻酔は使わない方針です。
またウサギの皮膚は大変弱いので、縫合のトラブルが出ること
があります。まぁ、この点はベテラン獣医師ならそう問題視
しないとは思います。
もし避妊手術をするなら、経験豊富な獣医さんがお勧めです。
手術は術と書くように、技でもあります。技は経験が多いほど
手早く確実になります。手早い手術ほど、ウサギに負担をかけません。
5歳過ぎてのハイリスクと手術の危険性とにらみ合わせて、
考えてくださいね。

ぷちさん
ウサギさん経過が良くて何よりです。高齢になると人間でも
あちこちガタが来ますからね(^^;;
その子の弱いところに症状が出るのでしょう。
という事は泌尿器系は今後要注意と言う事ですね。
定期的に健康診断することは、ますます健康ライフを維持する
為にも大事になってきます。
より一層、食事内容や環境に気を配って上げてくださいね。
これからも時々様子を教えてくださいな(^^)

まめ太ママさん
かかりつけの獣医さんは見つけておかないといけませんよ。
元気な時に獣医さんに診ていただくと「この子はこんな子」
って獣医さんがカルテを作ります。いざ具合が悪い時は
健康時の様子が分かっているので、獣医さんは病気を判断
しやすくなります。こちらもホームドクターがいると安心
出来ますね。
まめ太ちゃんはまだ小さいので、牧草はアルファルファ主体
でも良いでしょうね。牧草をたくさん食べる子は、歯科トラブル
が減りますよ。獣医さんの本でも、ある病院の統計として
牧草を主食にしている子は歯科処置をする子がいないと書いて
ありました。ただ牧草だけですと、不足する栄養もあります。
ペレットや新鮮な野菜・果物で、上手に丈夫な体を作ってあげて
くださいね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。