獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200602-52

だいぶ元気になりました☆
投稿日 2006年2月19日(日)02時00分 投稿者 ミッフィーの飼い主eri

うみみんさん、チーママさん、励ましカキコありがとうございます。
ご報告です。

昨日うちのオカンと2人で隣町まで行き、ミッフィーを火葬していただきました。
模様付きの段ボールにトイレシート、ファー布を敷き、家にあったブルーナのミッフィーちゃんのキルトの布で枕を作り、その上にミッフィーを寝かせ、大好きだったお菓子やペレット、チモシーetc、お手紙、をミッフィーの周り入れて、前足に特に大好きだったニンジンを抱かせ、タオルで布団を作り、お骨入れ(家からお骨を入れる入れ物を持ってきてくださいと言われたので、何点か持っていきましたが、最終的に使用したのは黄色のシンプルな5cm位の丸いプラスチックのおかずとか入れる入れ物)を持って連れていきました。

ペットの火葬は初めてです。(過去にいたコ達は、暖かい季節だったので、ダンボールに包んで直接土に眠らせてあげていたので。)
個人の小さなペット火葬場でしたが、箱を閉めたままではなく、箱の外側をくりぬいてベットのようにして、ミッフィーの体にも、奇麗なサラシで布団を作って敷いてくれて、首から白のたすき(お坊さんが付けているような感じの)をし、数珠を付けてもらえました。
なんだか、仏様の使いになったみたいでした。すてきでしたよ。また泣いてしまいましたよ...。
小さな火葬場で待ち合い室もない所のため、火葬場の方が責任を持ってお骨を拾ってくれるとの事で、預けて火葬場の近くの山の上にある牧場パーラに行ってきました。
奇麗な夕焼けで、とてもすてきな景色でした。
ハーブのミニブーケがあったので、お骨の近くに飾るために購入してしまいました。
(お友達のウサちゃんや、ウシさんもいたので、ミッフィーも喜んでたかも!?)

40分位し、火葬場にミッフィーを迎えにいきました。
預けた時は両腕に抱えてでしたが、火葬すると両手に入るくらい小さくなるんですね。
そして、ミッフィーをネコのウニが待つ暖かい家に連れて帰ってきました。
今はいつもいた小屋の中にいます。寝るまではいつでも出てこれるように小屋は開けてあります。
このコが家に帰ってきて、ひとまず安心しました。
それにしても、お骨を包んでいるさらしが耳みたいにピョンとしていて、小屋にミッフィーがいるように見えるんですよ。

みなさん、長々とゴメンなさい(泣)。
今日はお月さまが見えて、きっと新人ミッフィーは、餅つきをしたり、家に戻って来たりで多忙な生活を送っているでしょう(笑)。でもenjoyしてるでしょう。
もうあまりこのコの事で泣かないようにしないと。
あまり泣いているとミッフィーが心配しますもんね。



◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:「ペット用品販売」「犬の快癒整体」OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。