獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200705-104

動物病院の対応についてご質問が…
投稿日 2007年5月25日(金)20時04分 投稿者 マーたんのお兄ちゃん

家で飼っているウサギを連れて近くの動物病院に行きました。
診察の結果、肛門が少し赤く腫れているだけで異常はないとのこと。
ただ、お尻の周りに糞が付着していたのでそれを取りましょう、
と、糞の除去をしていただいたのですが、
その間にウサギが暴れ、獣医の方が強く押さえつけていました。
そしてふと見てみると、病院に行くときは何ともなかったはずの左足に
なぜか力が入ってない様子。
「この子は足が弱いんですか?」
と、獣医の方が聞いてきましたので、
「いいえ。いつも元気で、今日も来るときまでは力強かったですよ」
と答えました。
「じゃ、肛門の痛さと、他の人に抑えられる恐怖から腰を抜かした状態になったのかもしれないですね。数時間様子を見て治りませんでしたらまた来てください。」
と、獣医の方。

とりあえず治療は終わり、家に連れて帰ってみると
数時間経ってもやはり足を引きずっています。
痛がっているのか、わずかに小刻みな震えもあります。
おかしいと思い、再度病院へ。
今度はレントゲンを撮るという事になり、レントゲンを撮って見てみると、
骨盤の骨が折れているとの事。
「え?」
足なんか全然関係ない症状で病院に行って、
診察では異常はなくて、糞の除去だけしてもらえばOKだったはずなのに。
「診察のときに激しく暴れたからその時に折れてしまったんでしょう。
まぁ、しょうがないですね。」
と獣医の方。
激しく暴れたのは私も見ていましたので事実ですが…
暴れて、足の骨ではなく骨盤の骨が果たして折れるものなのでしょうか?
それに…しょうがない…とは?
私はふと、暴れていたときに獣医の方が抑えていたポイントが尻尾と骨盤であった事を
思い出しました。
それには何となく獣医の方も気づいていたみたいで、
「骨盤の骨自体は繋がりますので心配は無用ですが、
神経の方は完全に戻るかどうかは分かりません。
悪ければずっと足を引きずるといった状態になるかもしれません。
炎症を抑え、神経を繋げるための注射を打っておきます。
そして数日間、毎日病院に来て頂いて1本注射を打ちましょう。
診察の過程で起こったことなので、今日の診察と炎症止めの注射のお代は
結構ですが、明日からは注射代として1本500円を頂きますね。」
と獣医の方。
「え?」
これって獣医の方の不手際じゃないのでしょうか??
それなのに注射代500円??
これから先の新しい病気に関して、タダで診ろとは言いませんが、
せめて獣医の方の不手際で起こった今現在のウサギの痛みに関しては
無料で治療するべきなんじゃないでしょうか?
自分で傷つけておいて、その治療にお金をとる。
そのような事が法的に何ら問題はないのでしょうか…?
今ではあそこに連れて行かなければよかったと後悔しています。
お金を出すのが惜しいのではありません。
獣医側として、それで筋が通っているかどうか、
そしてそれがまかり通るような法律でもあるのか…
どなたか教えていただければ幸いです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。