獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200705-110

Re:Re:Re:動物病院の対応についてご質問が…
投稿日 2007年5月26日(土)19時49分 投稿者 チーママ

早速に連れて行ってくださったとの事。
良い病院が見つかってよかったですね。

実はこれからが大変です。
まずお薬を飲ませるのが大変。
お医者さんはシリンジ(注射筒)を下さったと思うのですが、なかなかこれであげることは難しいものです。
ポイントは切歯(前歯)と臼歯(奥歯)の間は歯がないので、そこから差し込んで中身を押し出します。でも口元が敏感なウサギさんは、嫌がる(^^;;
腰を骨折しているので、保定も十分に出来ないですよね。
と言うわけで、他のみなさんは好きなものに混ぜたり、ニンジンに隠したり、好物のパパイヤキューブを伸ばしてそれで包んだり、ペレットにしみこませてあたえたりと、苦心さんたんしています。
こうなるといつも「小さな頃からシリンジでジュースでも上げて、慣らしておけばよかった(−−)」と思うのです。
というのは、現在我が家も投薬中で苦戦したのです。
始めはシリンジで与えようとして、ウサギも私も薬まみれ(^^;;
次に考えたのは丸めること。カキ氷の白のシロップがあったので、それで湿らせて丸めて口の中に押し込む。これはなかなか良いアイディアだったのですが、口の中のものを、案外ウサギさんは上手に出すんですよね(TT) 放り込んだと思ったら、しばしもぐもぐくして、ペッ! (こらぁ〜!) 舌の付け根くらいまで押し込めば、何とかなるのですが。

で、現在。ようは口に入った時にペッと押し出せなければOK。
カキ氷シロップで、たれない程度にどろどろにして、それを指に付けて、口の中に指を入れて擦り付ける。荒業です(笑)
幸い口に指を入れたくらいでショックをおこす関係ではありません。

マーたんのお兄ちゃんさんも、イロイロ工夫をしてくださいね。
そしてお薬を飲めた時は、盛大にほめまくってくださいね。
それと、前回も書きましたが、足を引きずると何かと引っかかって、他の骨折を引き起こすことがありますので、環境を整えてあげてくださいね。
お薬は多少の無駄が出ることを考慮して処方されていると思いますので、多少こぼしても大丈夫ですよ。
また、できれば処方された薬品名などを聞いておくと、後で薬効など調べたり出来て、役立ちますよ。

さて、過分なお褒めの言葉をいただいて、恐縮しています。
この掲示板に訪れるすべてのウサ飼いさんの情熱に後押しされて、なんとかがんばってお世話係をしております。多くのウサギさんや飼い主さんたちが、私の先生です(^^)
みんなの経験を持ち寄って、皆がウサギさんをより良く理解できたら良いな、って思っていますので、経過を教えてくださるとうれしいです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。