獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200705-60

Re:ウサギが何もたべません
投稿日 2007年5月9日(水)02時59分 投稿者 チーママ

チョロさん ご心配ですね。
まずは明日(と言ってもすでに今日ですが)、急ぎ獣医さんへ言ってください。
第一に考えられることは、MOMOさんのかりんちゃんのように、歯のトラブルです。
今日は各地とも暑かったようです。お口が痛くて食べられないけれど、暑くてのどが渇き、お水だけ飲んでいるのかもしれません。
良く糖尿病だと多飲になるといわれますが、この場合は大量のおしっこもするようです。あわせて獣医さんにご相談ください。

ウサギさんは、常に食べて腸を動かしている動物です。
またそうでなければ、腸内細菌藪のバランスが崩れやすくなる動物です。
腸内細菌のバランスが崩れると、ガスが発生したりして、腸の動きが鈍り、ますますガスが多くなり、時として悪玉菌が増えて毒性のガスを発生し、中毒により死んでしまうこともあります。この場合は、急激に悪くなります。

一見元気そうでも、食べなくなるにはそれなりに理由があり、早めの手当てが予後を変えてきます。
ウサギさんは被捕食者(食べられる動物)ですので、具合が悪くても元気そうにします。
具合悪いのが分かると肉食獣に狙われるからです。
ですから、ウサギが具合悪そうするのは、本当にギリギリの時だったりします。
普段からあまり食べないウサギさんの場合は、特に気をつけてあげてください。

どうかウサギを診れる獣医さんを見つけて、受診してくださいね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。