獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200811-49

Re3:はじめまして
投稿日 2008年11月28日(金)12時43分 投稿者 チーママ

「元気でも、鼻が湿っていたり濡れている時は、体調変化に注意」と、我が家の獣医さんは言います。はやり体調がすぐれないのでしょうね。人間でいえば「鼻がすっきりしなくて、奥が詰まっているの」という感じでしょうか。早くお薬が効いてくれるとよいですね。

お食事に関しては、あまりお気になさらずに。
牧草の方が歯にもお腹にも良いのは周知の事ですが、何事も飼育書通りにいかないのが生き物面白さでもあります。
ちなみに我が家は野菜メインのウサギが1匹。牧草ペレット大好きのウサギが1匹です。
ダイエットの必要な野菜ウサギは、バナナ(それも甘い完熟したもの)がないだけでハンストしてくれますし、ペレットウサギは牧草ペレットがないとハンストです(−−)
飼い主の意向などウサギさんはお構いなしですし、どうやってもそれぞれに個性も年齢的体調的な嗜好の変化もあって、そうした事を踏まえながら、その子のベストではなくベターな飼育方法を考えて行けばよろしいと思っています。
「ああでなければいけない。こうならなくては。」と思いあぐねてばかりでは、ウサギさんと暮らす気持ちが重くなってしまいます。一番大事なのは、「ウサギといて楽しいの〜♪」だと思いますよ。
病気になっても、だれもが「ベストの治療を」と思うものの、いろいろな事情や制約で最新の治療やベストの治療がして上げられない事もあります。
飼い主さんそれぞれがウサギさんの健康や気持を考えて、できる範囲の事をして上げられれば、それで良いと思っています。
歯には「ペレットより野菜より牧草」だと思いますが、どうしたってペレットがいいなら、それは栄養面で管理がしやすいのですから、それはそれでよいかと思います。
ペレットにもいろいろな種類があり、歯の負担を考えると「水を落とした時にほぐれやすいもの。繊維が長いもの。変な硬い粒粒が残らないもの」などチェックなさるとよいかもしれません。
また嗜好が変わることもありますので、常に野菜や牧草も与えておくことは大事ですね。
食べ物の幅が広いと、食べなくなった時の選択肢が増えて良いのがメリットです。
どうか獣医さんとよく相談しながら、大事にお世話してあげて下さいね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。