獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200902-21

Re:はじめまして
投稿日 2008年12月11日(木)12時50分 投稿者 チーママ

こんにちわ。ウサギさんって、かわいいでしょう?
ウサギはとても賢い動物です。(だから、一般的に臆病とされるウサギさんを叱るのはお勧めしません)
どうかそのつもりで、沢山話しかけてあげてくださいね。
そしてなるべく多くの時間観察して、どんな時にどんな事をするのかとか、どういう状態がその子の普通なのかを知ってくださいな。ウサギさんはとても個性があるので、まずはどんな子かを知らなくてはなりませんからね。
さて、冷たい耳ですが、耳はウサギにとっての放熱板ですので、冬場は冷たくなる事が多いと思います。(冬場でも活発に動いている時は、暖かかったりするのですが。)
という事で、耳で体温の状態を探るのはなかなか難しい。
(でも折につけ触ってください。そのうちに手が大丈夫な温度を覚えてきますから)
お勧めは、お中の下に手の平を潜り込ませてみる事です。
ウサギの体温は39度前後と人間より高いので、手のひらに感じるおなかの温度がほんわり暖かければ大丈夫。冷たいなって思ったら、冷えているので保温します。
また慣れるまでは、ケージのウサギさんのいる高さに温度計を設置するのもお役立ち。
暖房をしても部屋の温度は上下で一定ではありませんし、隙間風や底冷えで床上は結構冷えている事があります。それを手軽に確認できるのが、温度計というわけです。
100円均一にあるような安価なもので良いので、つけてみてくださいね。特に夜間・明け方に、一度何度になっているか見てみるといいのですが。
大人のウサギと違って、生後半年〜1年未満の成長期のウサギさんは、体温調整が未熟ですので、外気温には注意してあげてくださいね。

余談ですが。
ウサギさんを診てくれる獣医さんは探してありますか?
ウサギさんは犬猫とはちょっと異なることがあるので、どこの獣医さんでも診てもらえるわけではありません。いざという時にあわてて探しても、なかなか見つからない事が多いので、今から探しておきましょう。皆さんネットで調べたり、近くの病院に片端から電話したりしています。また購入したショップで聞くという方法もあります。
健康診断を受けておくと、その子に必要なアドバイスなどももらえますので、考えてみてくださいね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:「ペット用品販売」「犬の快癒整体」OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。