獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200912-12

Re5:おなかがちゃぽちゃぽする
投稿日 2009年11月19日(木)13時05分 投稿者 チーママ

実際のところはどうなのかは、獣医さんにしか分からないと思いますが、多少胃腸の動きや腸内細菌バランスが快調♪という訳ではないのだとは思います。

ただ気になりましたのは、「柔らかいのが日に5個ほど」というところ。
他は異常なしの糞なのでしょう? 一日の量としては十分に出ていて、その中の数個が柔らかウンチは、私なら許容範囲内です。
お尻の周りが汚れてしまうような、へばりついてしまうようなウンチなら、多少気にしますが、トイレにこびりついてはいても、本人のお尻が汚れていないような場合は、「ま いいかぁ〜」にしています。

ここで確認。柔らかウンチは盲腸糞ではありませんよね?
盲腸糞:ブドウの房のように、比較的形のそろった丸い粒が円筒形にくっついている。テラテラとつやがあり、触るとコロコロのようにべたべたしています。独特のにおいがあります。たまに、いつもの盲腸糞よりふやけた感じの時もあります。早期出荷?(笑)

消化不良便:形状は様々ですが、人間の柔らかウンチの時と同じ。腸内を時間をかけて通過していないので、十分に水分を吸収されず、押すと簡単に潰れてしまう。ひと粒がふやけたように大きい。盲腸糞もくさいですが、こちらはもっと嫌な臭さがあります。
糞の周りや中に、ゼリー状のものがまとわりついていたりくっついていたら、腸炎を起こしています。

もし盲腸糞であった場合は、「ちょっと栄養が多すぎよ」のサインの事もあります。
そうでなければ、人間だって「最近ちょっとおなかがゆるい」なんてこともありますから、柔らかウンチ=病気と決めつける必要はないと思いますよ。
そうした時、私が目安にするのはウサギの様子です。
「目がキラキラしていて、表情が生き生きしている。動きも軽快で、何をやっても楽しそう。こちらへの反応も良い。餌の食い付きも悪くない。」かどうかです。
つまりウサギさん自身が不調を訴えているかどうかですね。

病気とは言えない場合は、もしかしたら餌の見直しをしても良いかもしれません。
通常は牧草沢山 +良質のペレット が世の中の基本ですが、何でもセオリー通りに行かないのが生き物です。 特にペレットに関しては、各社様々なコンセプトで作っています。
通常は牧草主原料の繊維質の多いペレットをみなさん選びますね?
でも中には、どうやってもそれでも上手くいかないという場合があります。
そういう時は、「ウンチの原料を変えてみたらどうなのか?」
という発想で、原材料も含めて検討し、いろいろなペレットをおやつとして試してみると良いかもしれません。いきなり餌を変えるのは良くありませんから、おやつとしてです。
実は我が家の6歳ウサギが糞の状態が悪くなり(きっと加齢による変化でしょう)、病院に行っても回復しない。
思い切って原材料が全く違う大安売りのペレットをおやつで与えるようになったら、糞の状態が回復してしまったのです。今までお高いお取り寄せペレットだったのに(^^;;
という訳で、チモシー原料の高級ソフトペレットも、今の我が家のウサギには適切じゃなくなっていたようです。
だからと言って、どの子もそうだというのではありませんよ。こういう事例もあったと頭に入れて、あれこれ工夫してあげて下さいね。という事なんです。

もう一つのまつ毛が生える部分の1mmほどのプッチンならば、あまり気にする必要のないものだとは思いますが、獣医さんでなくては判断できません。
白眼が充血している。瞼を押し上げたら、眼球の周囲を覆っている白いひだのところが充血している。目やにが多くなってくる。そんな時は、迷わず診ていただいてくださいね。
なん出も早期発見早期治療が一番ですね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。