獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200912-3

リンパ腫
投稿日 2009年11月11日(水)23時19分 投稿者 きらら

以前、ここの掲示板に同じリンパ腫の子を飼っていた「うさ!!」さん
もしまだこの掲示板をご覧でしたら、どうか助けて下さい…

うちの3歳(メス)が突然具合が悪くなり、よく触診してもらったところ
リンパ腺があちこちで腫れている。
多発性のリンパ腫ではないかと言われています。
今はステロイドを投与して、食欲増進をはかっていますが
薬の効果が薄くなってくると食滞がひどく、
ほとんど食事も食べなくなり、うんちも小さなものしかでなくなります。

D-フラクションも併用して、免疫向上を図っていますが
今のところ腫れたリンパ腺が縮小する様子がありません…

このままだと、いずれステロイド剤が効かなくなると
最悪、死に至ると覚悟はしています。

うささんの飼っていたうさぎさんはその後、回復されたのでしょうか。
うさぎには珍しい病気で、効果のある薬もかなり限られてしまうと聞かされています。

何か…彼女を助ける方法があれば教えて下さい。
生後1ヶ月からずっと育てて、ずっと一緒にいた大切な娘なんです。

どうかみなさん…リンパ腫に関して何かご存じのことがあれば…
何でもいいので情報を下さい。
助けて下さい。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。