獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200912-31

ほっぺたの膿をだすのは。
投稿日 2009年12月4日(金)21時04分 投稿者 みゃんち

こんばんわ。
我が家の9歳になるオスのウサギが、
膿がたまってしまったので、はじめて手術することになりました。
20年以上前、子供のころにかってたウサギも同じ手術をしたので、
てっきり切開して膿をすべて取り出すのだとおもったら、
小さな直径2ミリくらいの穴があいており、
そこからでてきたらふきとって、といわれました。

私は、今の時代は、こういう小さな穴からだすのかな、と思ってたんですが、
手術後一週間、膿のふくらみはどんどん大きくなりました。

怖くなってネットで調べたら、
みなさんおうちで搾り出してるとのこと。

搾り出せ、とは指示をされてなかったので、
びっくりしました。

もうかさぶたができてたのですが、はげそうだったので、
ちょっとひっかいてみたら、
簡単にポロッとかさぶたがとれました。

とたん、中からすごい量の膿がどんどんでてきて、
怖いけどみんなやってるんだとおもって、
でてくる限りふきとりました。

膿の袋も押してみて、でてきたらふきとりました。

今日、2日目ですが、
一日何回、どこまでみなさんはだしてるんでしょう?

とりあえずその日でなくなるまで、毎回ぎゅうぎゅう押していいのでしょうか?


あと、昔は切開して膿を全部だして縫合だったのに、
現在はなぜ穴なんでしょう?

長くなってすみません、動物病院の先生に電話しても、
ずっと話中なんです。。。。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。