獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-201106-76

Re:避妊繋がりで・・
投稿日 2011年6月27日(月)23時51分 投稿者 幸幸

全く同じような気持ちで、私も散々泣いたり悩んだりをしました。
当家のウサギは年齢不詳で、おそらく、最高で5歳では?というところ。
散々悩んだ末、結局手術を受けて、今に至ります。

病院選びだけは、近所(と言っても、車で30分ですが)に
関西で有名な動物病院があったため、探したり迷う必要はなかったのですが
それでも「5歳だとして、耐えられるんだろうか。麻酔は大丈夫か」と不安でした。
その病院の獣医さんに訊ねたところ
「早すぎることもないし、遅すぎることもない」
とのこと。
当時はどっちやねん……と、なんとも不安を掻き立てられたわけですが
今考えれば、言葉通りの意味だったのだと理解できます。

3歳、全然遅くないと思います。

で、実は。
私、前回「避妊手術を強く推奨」なんて書いておりますが
受けさせる際まで、どうにか「受けなくていい理由はないか」と探したものです。
子宮の病気を気にし始めて、とりあえず、と撮ってみたレントゲンに怪しい点はなく
まるで健康だと(この時は)思っていました。
先生も、「子宮は大きくなっているが、脂肪かもしれないし……」と仰ってましたし。

ところが、いくら探しても
「私が納得するような避妊手術受けなくていい理由」は、見つからず
果ては実際に開けて見れば水腫一歩手前だったわけです。
レントゲンで確認できるほどにはなっていなかっただけ、ということですね。
(術前の血液検査でも、健康体だと診断されました)

ウサギには生理(月経)がないので、発情したらそのまんま。
発情期を過ぎても、排出されないため、どんどん子宮内にたまっていくそうです。
これ自体は仕方ないこと(生理現象)なんですが
延々繰り返せば、子宮はやがて肥大し、胃や腸を圧迫することもあり
当家のウサギが度々胃の具合を悪くする(うっ滞)原因は、子宮だったのでは……
と、獣医の先生から(術後に)伺いました。

こんな経緯で、たとえ癌にならずとも
健康なウサギの子宮を残すこと自体がハイリスクになる、と私は考えています。

---ここから現実(お金)の話---

避妊手術(健康な体を手術する。という名目)で
当家がお支払した費用は数日分(3日間だったか?)の入院費こみで12万円弱。
(年齢が年齢(最大5歳なので)のため、最初から1日の入院は設定してました)
(仕事の都合などでなかなか迎えに行けず、結局「数日」となったわけです)
決して安くはありませんし、終わるまでも、終わってからも心配は尽きない上
術後の世話も大変です。

日帰りで退院させてもらえるところもあるそうですし
(ただし、麻酔から覚めるまでは病院内がお勧めです)
(ウサギのように弱い生き物は、麻酔などの昏睡から目覚めた時、自分の間近にいる人を「大変危険な存在」だと認識してしまうそうですので)
それなら少しは費用も違うかもしれません。

愛するウサギさんのため、金に糸目はつけない!と、言っても
実際問題、この金額は結構キツイ。
ペット保険も、健康体での避妊手術では適応してくれませんし……!

今、病気になっているわけではないわけですし
気長に、安心して任せられる病院を探す間、貯金などされること、強くお勧めします。

また、蛇足ですが
病院で、手術の同意書を見せていただける場合は、是非一度読んでみて下さい。
同意書には、病院側の実績や自信のほどが見える場合があります。
(うちが通う病院がそうでした)

避妊手術に悩む、悩んでいた飼い主さんはたくさんおられます。
病院側に、何を求めるか、訊ねるべきか、など
大変参考になりますので、十分に予備知識をつけておかれるのがよいかと思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。