獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-202101-105

Re2:ウサギへのフロントラインプラス塗布後の症状
投稿日 2013年10月29日(火)08時36分 投稿者 ぴょんた

(メールアドレスを削除したいため、再投稿させていただきます。)
チーママ様、コメントありがとうございます。
昨日からウサギは生野菜をたべはじめたとのことです。
今日から強制給餌の回数を減らして、食欲が回復するか様子を見るとのことです。
点滴も今日・明日辺りで皮下注射に切り替える予定です。

フロントラインを処方した獣医師は、過去にエキゾチックアニマル専門病院(ある程度有名)に勤務経験があるとのことです。
なぜフロントラインをウサギに付けたのか(フロントラインがウサギに使用禁止なことも、死亡例があることも把握していたそうです。)という説明には私自身納得はしていませんが、点滴・強制給餌等は任せられる医師と判断しております。とにかくウサギが元気に戻ることを一番に対応していただくことを約束していただきました。医師もウサギを助けるため、情報を探していただいています。ただ国内で発表されている論文も一件しか見つかっておらず(取り寄せ中)、製薬会社からは海外でも目ぼしい論文は見つからないとのことでした。

過去の書き込みの眼振や肝臓の異常は今のところ見つかっていませんが、他の方が体験している食欲不振・てんかんの症状は現れました。今後どのような症状が、どれくらいの期間で現れる可能性があるのかを予測するためにも、情報を広く求めたいと思っております。教えていただいたホームページも参照させていただきます。ありがとうございます。
また、経過をご連絡させていただきます、よろしくお願いします。
(以下、最初の投稿文です)

初めて質問させて頂きます。
よろしくお願い致します。



10/18に公園でウサギを保護しました。
近くの病院に診察していただき、ネザーランドドワーフのオス、推定年齢1〜2才とのことでした。
保護した時にマダニが表面についていたことを伝え、レボリューションを処方していただきました。(目視では見当たらないのでダニは付いていない、マダニ駆除に使えるウサギ用の薬は無いと言われました。)


家に連れて帰り数日観察していると、マダニらしき虫を10匹ほど見つけ捕獲しました。
10/24に尿検査とダニの種類を教えて頂きたくて再度受診しました。
捕獲したダニをみせると、フロントラインを処方すると言われたので、ウサギで死亡例がある薬ですか?と質問しましたが、ウサギへの処方は推奨されていないが大丈夫的な説明をされました。フロントラインプラスcatを処方されました。


家に連れて帰るとウサギが食欲がなくぐったりしています。
製薬会社のホームページにウサギへの使用は禁止と書いてあることを確認し、製薬会社・病院に問い合わせをしました。


10/25午後より静脈点滴、強制給餌、消化管うっ滞への対症療法(メトクロプラミド、ラニチジン)を行っています。夜家に連れて帰りましたが、食欲・便とも全く改善しません。強制給餌も受け付けてくれませんでした。


10/26日より病院と獣医師宅にて24時間体制で対応していただいています。
10/26深夜に、てんかんのような発作を2回おこし、ジアゼパム投与したそうです。


10/27 引き続き治療。食欲・便ともほとんど回復せず変わらない状態です。牧草を数本食べたとのことです。


獣医師より製薬会社にも問い合わせてもらいましたが、フロントラインのウサギへの影響のデータは製薬会社でも持っていないそうです。また、獣医師がウサギにフロントラインを使用すること自体が稀のため、獣医師よりの報告も殆どないとの事です。ただ、情報が上がってこないだけで、使用例はある程度の件数あるのではないかとの意見でした。


インターネットで調べても、過去のブログや質問欄で数件見つけましたが、あまり情報が探せていません。実際にウサギに対してフロントラインを塗付された(した)経験のある方、症状を見た・聞いたことのある方からの情報がいただけたらと思いこちらに書き込みさせていただきました。


10/28日現在、元の飼い主は見つかっておりません。(警察への届け出・公園貼り紙10/18に済)
飼い主が現れない場合は責任を持って面倒を見るつもりです。
セカンドオピニオンを考えていますが、今のところ近くの病院にて体力を回復させることを優先しています。何軒かウサギの診察経験が多い病院へ問い合わせもさせていただきましたが、実際にフロントラインのウサギへの影響・治療に対する情報をお持ちの獣医師は見つかっておりません。
もし獣医師が見つかれば血液検査・レントゲンのデータを持って診察していただきたいと考えています。ウサギは体調次第ですがしばらくは長距離の移動は控えたいと考えています。

私は現在モルモットを2匹飼っていますが、ウサギの飼育経験はありません。
こちらの他に、ウサギを飼っている方がたくさん情報交換をしているサイト等教えていただけたらありがたいです。保護主として未熟な為にウサギに苦しい思いをさせてしまい大変後悔しています。
色々な批判・ご意見等あるでしょうが、今も苦しんでいるウサギのために情報をお持ちの方がいたら教えていただけたらと思います。よろしくお願いします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。