獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-202101-108

Re4:ウサギへのフロントラインプラス塗布後の症状
投稿日 2013年11月2日(土)21時34分 投稿者 ぴょんた

鯛子様・チーママ様

情報ありがとうございます。
経験者様からの情報本当にありがたいです。
チーママ様もお医者様に聞いていただき、本当にありがとうございます。

我が家のウサギ・ぴょんたは、10/31の時点では食欲も回復し、だいぶん元気になったようにみえました。
ただ、まだ1日1〜2回、てんかんの発作を起こしているとの事ですが、発作はだいぶん軽くなり明日11/3に自宅療養に切り替えられるのでは、との予定です。
ただ、今後いつまでてんかんの発作が起こるのか、発作は薬の影響による一時的なものなのか、今後どんな後遺症が起こりうるのかはほぼわかっていない状況です。

鯛子様、もし可能でしたらうさぎさんがその後どのような病気をされたか教えていただけませんでしょうか。腎臓・肝臓の疾患を心配しているのですが、そのような病気をうさぎさんはしましたか??
色々質問してしまい申し訳ありません。可能な範囲で教えていただけたらうれしいです。

明日ぴょんたが自宅に戻ってきたら、室温を一定に保つように気をつけようと思います。
鯛子様・チーママ様、貴重な情報を本当にありがとうございます。

ご指摘のとおり、フロントラインをウサギに塗布するという事故は今ではほぼあり得ない(あってはいけない)事とは思いますが、今後の経過や参考にした文献の情報等、また改めて報告させていただきたいと思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。