獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-202101-117

Re:歯周病
投稿日 2013年12月13日(金)23時24分 投稿者 チーママ

左側全部を抜糸というのは、本当に大変でしたね。
年を取ればそれなりにそういうこともあるかと思いますが、まだ6歳ですもの、この先ずっと毎月麻酔をして洗浄というのは、私でも悩みます。
当分は抜糸の跡が埋まっていないので、洗浄する方が良いのはその通りだと思いますが、だんだんと歯肉が盛り上がってふさがってくれば、麻酔をかけてまで洗浄の必要があるのか?
もっとも抜歯が必要なほどなら、歯根がやられているのでしょうし、それがどこまで化膿しているかにも関わりますね。 化膿が止まって回復してくれば、どうなのでしょう?
そのあたりが、実際に見ていませんので、何とも言えません。
レントゲンをご覧になりましたか?
歯根がやられていて化膿が止まらない場合、膿瘍になる可能性も捨てきれずに、それが不安材料にもなります。犬のように歯磨きさせてくれませんし。
歯根の化膿さえなければ、さほどのご心配はないかとも思いますが。
そのあたりは、いかがですか?

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。