獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-202101-124

Re3:鎮痛剤について
投稿日 2013年12月18日(水)00時09分 投稿者 チーママ

メタカムは非ステロイド系の鎮痛剤で、プレドニンなどより「痛み」に特に強く作用するようですが、本当に短期使用という感じでしょうか。
通常手術後などにも使われるので、鎮痛剤としてはしっかり効くものなのでしょう。
あちこち覗くと、

日本の農林水産省動物医薬品検査所では
「本剤を通常1日1回、1日目は体重1kg当たりメロキシカムとして0.1mg、2日目以降は同0.05mgを、必要に応じて添付の計量シリンジを用い経口的に投与する。本剤を反復投与する場合は5日間を限度とすること。 」

という記事を見つけました。副作用としての急性じん不全がみられるようです。(最悪死亡例あり)

ステラロールは製品名で、成分はベタメタゾン。製薬会社によって製品名が違い、リンデロンなどは、人間医薬として聞いたことがある方もいるでしょう。
副腎皮質ホルモンとしては、他にプレドニゾロンなどもありますが、ベタメタゾンが比較的安定して安全に使われるもののようです。炎症を抑えることで、鎮痛効果も期待できると私は理解しています。
またアレルギーにも効くわけで、シジミの水様ムコイドの原因がアレルギーであるなら効果があるかと期待しているのですが・・・


ベタメタゾン(ステラロール)にしても、長期使用は副腎皮質機能低下、糖尿病、骨粗鬆症等々あるので、定期的な血液検査が必要になります。その他、消化管潰瘍というのがあるので、それも頭に置いています。
この点、シジミは過日の検査で「見事に基準内」だったので、いまだ「最後の砦ステラロール」になっていますが。ただむやみに使うのではなく、一日1回/3日で様子が変わらないならストップです。量も既定の0.5mlを使うのは、よほどの時。3日使うなら0.3mlで、いずれにしても病院に報告しながら。この使用量は、病院によって薄め方などが違うこともあるので、あくまでも我が家の場合です。

今回調べていて、ペットの薬の通販としてメタカムを販売しているのを見て、びっくりしました。市販薬ですから、成分がどれほど含まれているのか分かりませんが、副作用の注意書きもなしで売られているのを見ると、ちょっと怖くなりました。猫さんは比較的に副作用が少ないようですが、犬さんには要注意の薬品です。獣医師の処方や指示がなくても、安易に手に入るというのは、かなり問題だと思いますけれどね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。