獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-202101-208

麻酔による心臓の負担
投稿日 2019年8月2日(金)20時09分 投稿者 クウ

はじめまして12歳になる雌ウサギを飼っています。
もともとは牧草をたくさん食べる子で今まで歯切りをしたことがありませんでした。
しかし加齢による食欲の減退のせいか、よだれが出るようになり2日ほど前に動物病院にて処置していただきました。
獣医の先生からは「かなり全体的に短く削ったので食べることに違和感があり2、3日は食べないことがあるかもしれません」と説明を受けています。
退院後しばらく様子を見ていたのですが食欲がなかなか戻らず、また寒がるような素振りを見せるようになりました。
もともと食い意地の張った子ではありましたので少量ではありますが食べてはいるんです。
ですが昨日に比べてやや元気がないように見えまた耳が白くなって冷たくなっていると感じました。
そこで処置していただいた病院に連絡し相談させていただいたのですが
事前の検査でわかっていた心肥大が麻酔による影響を受けた可能性があると言われました。
血液の循環が悪くなっておりいちど病院へ連れてきた方が良いかも、、、との事だったのですがそもそも術後の体調はおもわしくなく、正直ためらっています。

とりあえず人間が熱中症にならない程度に部屋を温め体温を上げてやるよう努めることにしています。
行ったからいかなかったからと、すぐに結果が出るわけでは無いのですが
他に相談できるところもなくこちらでご相談させていただこうと思いました。
私がこの子にできる事は何か他にあるでしょうか?
何か気をつけるべき点などはあるでしょうか?
1日中ついて様子を見ているのですがなかなか回復せず、逆に弱ったように見えてしまいただただ焦っています。

パソコンからではなく携帯から書き込ませていただきました。
改行など読みづらい点がございましたら申し訳ございません。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。