獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-202101-23

Re8:皮膚炎 
投稿日 2012年6月9日(土)23時07分 投稿者 チーママ

はい お待たせしました。
以下は、あくまでも患者さんを直接診ていないので、その点をご考慮いただき、ご参考にとどめてくださいね。

経過をお話して、画像を見たとたんに
「あー かわいそうに。これ、私もやりましたよ。もう昔の話ですが、進行がもっと早くて、あっという間に広がっちゃって。治すのに2年かかりました。 一時はプードルのライオンカットみたいになっちゃって、本当にてこずりました。」
と、苦笑いされていました。
その時は首から始まり、あっという間に背中に広がり、河童の頭みたいになっちゃったそうです。
やはり初めは薬剤シャンプー(患部だけ)したそうですが、どんなに洗い流したつもりでも、やはりぬれた周辺に成分が残り、それが駄目だったのではないかと。どうも泡が駄目なようだと、おっしゃっていました。
避妊手術時に術部をイソジン液で消毒するのですが、消毒した周辺部に同様のことが起こる可能性があるので、最低限の範囲にするそうです。それだけ、うさぎの皮膚は敏感なのですね。

ビクタスMTクリームは、塗ると皮膚に薄い膜を作り、薬品成分が長時間閉じ込められるため、一日1回塗ればよいので、一時期盛んに使われたそうです。特にソアホックに使われたそうですが、いまひとつだったのか、今は使っている先生はいないだろうと。
で、先生の患者さんもあれこれやったあげく、結局は何もしないということに落ち着いたようです。でも2年は長いですよね(−−)

あーたこーだと先生とお話していて、落ち着いた先は…
真菌でもダニでもない場合は、やはりアレルギーだろうと言う話に。
先生は「接触アレルギー」という意見でしたが、何にしろアレルギーであるには変わりないと私も思います。ですから、刺激を与えれば与えるほど、収まらないと思うのです。
となると、やはり以前の我が家と同じような対応に落ち着きそうです。

ブログにありました我が家のこゆきも、ストレス性毛引き+執拗になめることによる刺激で、アレルギーを引き起こしていると考えました。
あごの下から胸に広がり、それが首の横にまで広がりました。つまり引っ張ったりなめたりすることによる、接触性アレルギーというのでしょうか。
それで処方されたのが、赤みが強い部分だけにつける「デルモゾールG」ローション。(クリームよりローションのほうが良いだろうという意見でした。)
成分はベタメタゾンとゲンタマイシンです。
「皮膚外用合成副腎皮質ホルモン・抗生物質配合剤」となっていて、皮膚血管収縮作用と抗菌作用があります。(なめすぎで少しじくじくしそうだったので、細菌感染が心配されました。)
つまり血管を収縮させることにより炎症を抑え、細菌感染を防ぐ役目を期待しているのかな?と思いました。
同時に、かゆみを抑えるためと、かゆくてイライラするのを穏やかにするために内服薬も。
◇ポポラミン( 成分: d-クロルフェニラミン マレイン酸塩)
◇ペリアクチン( 成分 : シプロヘプタジン塩酸塩)
どちらも第一世代の抗ヒスタミン剤です。(このあたりは、レオママさんは良くご存知と思います。)
どちらも昔から小児にも、風邪や突発性発疹やアレルギー症状等で処方されています。
違いは何かな?と思って調べたら、ポポラミンの方が即効性が期待でき、ペリアクチンの方が持続効果があるようです。
どちらも副作用として「眠気」(特にぺリアクチン)がありますが、大人と違って子供は眠くなってOK。良く寝て、体を休めることも期待しての処方です。
もう1つペリアクチンは抗セロトニン効果がありますので、ちょっとボーっとして神経が穏やかになる作用があります。
ペリアクチンは抗セロトニン作用(下痢、嘔吐止め)、食欲増進作用(視床下部の摂食中枢の刺激) ありです。

内服薬の効果は個体差が大きく、眠ってばかり、ボーっとしてばかりなら調節するようにとのお話でしたが、こゆきはまったくその気配もなく、比較的落ち着いてきた様子がみえた時点で、内服薬はやめました。
かゆがる様子がなくなった(なめたりしない。赤みが引いてくる。ひろがらない。)時点で、ローションも中止。後は自然に治るのを待ちました。
うさぎの皮膚は、状態が落ち着けば、大体1週間もすれば毛が生えてきます。

今現在のレオママさんのうさぎさんの患部は、うさぎさんの全身の中でも皮膚の性質が違う、より敏感肌と教わっています。
ですから、かゆみもひどいと思います。お尻や背中が赤くなっていた時は、そんなに熱を持つほどじゃなかったと思いますが、耳の根元うなじから首周りは、熱っぽくなりやすい気がします。それだけに、うさぎさんもうっとおしくてつらいでしょう。
冷やしてあげるのは良いことだと思います。
できれば、かゆみ止めの内服薬がいただけると良いのですが。

ジュクジュクしていないなら、細菌感染を起こしていないなら、かゆみを抑えて、幹部はそっとしておくのが一番の気がします。
ブラッシングもしないほうが良いかも。刺激になりますから。

以上が、本日のご報告です。
後は、先生とよくご相談なさってくださいね。
2ヶ月かかったものですから、治るのには倍の4ヶ月かかるかもしれません。
でも何とか良くなってほしい。
我が家の息子とまったく同じ、8歳グレーのミックス息子さん。
早く元気になりますように!!
経過をお知らせいただけると、とてもありがたく思います。

おまけ:こゆきが一番ひどい時の記事が抜けていました。
    リンクさせておきますので、写真等ご参考になさってください。

http://yaplog.jp/usausaz/archive/2758

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。