獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-202101-57

Re:しじみちゃん 応援しています
投稿日 2013年5月22日(水)23時14分 投稿者 チーママ

かごめさん ありがとうございます(^^)

いやー 実は、後日談がありまして・・・
昨冬あたりから、時折ゼリーのようなものが出ていたのですが、だんだん頻度がひどくなり、そのうち水溜りまでできるようになり、食欲も落ちて、当然ながらやせてきました。
年齢的には2300あった体重は、少し減っても良いというか、仕方がないのですが、ゼリー状のものは困ります。
尿ではない証拠に、ウリエースKCで調べても、何の反応もなし。
ムコイドはたんぱく質なので、ゼリーは乾くとゼラチンが固まったようになりますし、水様物は卵の白身が乾いたようになります。
先生の診立ては「ムコイド腸炎」。あの若例の子うさぎにとっては、致死的なこともありうるという腸炎です(−−) まぁ、大人ウサギでは、そこまでにはなりませんが。
ムコイドというのは、腸の杯細胞(ゴブレット細胞)から分泌されるもので、普通は下痢がひどくなったりすると見られるものです。そういう時は、黄〜オレンジ色なのですが、まったくの無色透明。取り立てて下痢をしているわけでもなく、普通のフンもでているので、なぜムコイドがでるのか??? まったく原因不明。
ということで、一度おなかをリセットしましょうということで、悪玉菌を除去する抗生物質と、傷ついた腸壁を保護する薬、食欲を増進させるためにも腸のセロトニン受容体に作用する薬を1週間投与しました。
体重は2000gまで、減りました。さすがに軽い(^^;;
投薬でどうにか少し落ち着いてきたものの、回復傾向に入ったというだけで、ゼリーも水溜りもゼロにはなりませんでしたが、食欲だけは戻ってきました。
その後、先生のお勧めで善玉菌配合の補助食品を与え続けたところ、徐々に快方に向かいました。
でもこの年になると、本当に燃費が悪いですね。
食べないと、あっという間に2000g。食べるなぁと思うと、2100g。オー今日はよく食べるねぇというと、2100g越えです。
最近は抱いただけで体重があたるようになり(それも大体20g単位で)、先生に「かーさんの手は、体重計」といっています(笑)
本当は2300gは欲しいと思っていたのですが、心肺機能への負担を考えると、2100gあたりでよいのかもしれません。

と、まぁ 10歳を前に、病気知らずの息子もあれやこれやと体調維持に変化が出てきました。またムコイド腸炎のシステム(?)についても、ずいぶんと勉強することになりました。
ちなみに善玉菌の補助食は、ダイエットの娘の軟便(毎日お尻洗い)にも効果がありました。普通のペレットよりわずかながらもカロリーが低めなようですので、ダイエットも兼ねて与えています。これまた勉強になりました。
本当にウサギ道は、果てしないですね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。