獣医師広報板ニュース

鳥類掲示板過去発言No.1700-199806-62

とりあえず良かったですね
投稿日 1998年6月18日(木)10時09分 かず

「JAM」くん、大事に至らないうちに対応できて良かったですね!
私も小桜インコを飼っていたせいか、人事ではないような気がしていろいろ
書き込んでしまいました。
書き込みついでに、私が経験したお医者さんに見てもらった小桜インコの行動をひとつ。
まれに自分のお尻の羽の付け根をガブガブして、見るも無残な状態(出血、及び、
羽を千切って地肌むき出し状態)にしてしまう子がいるそうで、うちの「テン」も
その一羽でした。(田園調布の「小鳥の病院」の先生が言っていた)
「小鳥の病院」に行って見てもらったとき、カラー(「テン」の場合は薄いゴム板を
丸く切って、真ん中に首を入れる為の穴が有るもの)を先生が作ってくれて、それを
しばらくつけていたところ、お尻の羽も徐々に生えそろいかなりの効果があったよう
でした。が、この行動は慢性化する場合があるのか、しばらくするとまた見るも無残な
状態にしてしまい、その度にエリマキトカゲ状態にしていた記憶が有ります。
参考になれば幸いです。みんなが早く元気になるようこころからお祈りしています。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。