獣医師広報板ニュース

鳥類掲示板過去発言No.1700-200201-40

いろいろ思うこと
投稿日 2002年1月18日(金)01時17分 くらら

水をがぶ飲みする、ということが話題になっていますね、
もちろん体のどこかが悪いということが考えられますが。
病気病気と言う前に考えてみましょう。

水をたくさん飲んでいるのに体重の減少がなく、
元気も変わらず、平気な顔をして飛び回っている子であれば、
何らかのストレスのため、水をがぶ飲みしていることが考えられるそうです。
換羽の時、飼い主がかまってくれないときなど、やっぱり手乗りですもの、
寂しいのでしょうね。

私が参考にしている飼い鳥の専門書には、
鳥の多尿を疾病の一症状としてとらえるには未だに明確な裏付けとなる
情報がなく、一概に異常との断定もできない。
と書いてあり、この問題に回答が示されるにはまだ時間がかかりそうな気がします。
なにぶん、小さな体で、言葉も通じない相手のことだけに、
あれこれと考えてしまいますよね・・・
うちには、水分のところがきらきらと光る子がいます。
発情するときらきらになります。
ラメみたいです。
女の子の発情は、体調そのものを変化させてしまうようです。
無意味な発情にも皆様十分にお気をつけくださいね。


マオとちびたんママ さま

インコの手乗りちゃんですが、2羽でお育てになられても、大丈夫!
かわいい手乗りちゃんになりますよ。
ただ、2羽がたまたま女の子と男の子だった場合には、ラブラブになって
しまうかもしれませんね。
私は鳥同士仲良くしてくれるのが好きなので、多数を飼っていますよ。
もちろんみんな手乗りです。
性格が一羽づつ違いますから、人なつこい子、そうでない子、いろいろです。
かわいがってあげてくださいね。

ひーゆ さま

病院みつかりましたか?
良い病院が見つかるといいですね。
お大事に。

鳥のあくびは、病気の兆候といわれるそうです。
早期発見のポイントかもしれません。
あくびにはご注意!!ですね。

えりえりさま

くららです。お世話係してます・・さぼってます。
よろしくね!
えりえりさんのお宅の子達のこと、どうぞ書いてくださいね。
10羽ですか・・うちは今6羽プラスちびちび8羽です。
だれか、もらってください・・・・。

ももちゃんママ さま

その後いかがですか?
病院の先生はなんとおっしゃったのかしら。
雛に腫瘍って・・卵って。
いったいなんでしょうね??

ムックンさま

いつもありがとうございます。
読ませていただいてます。
私も感じますね、ショップの雛こと・・
かわいそうで見ていられないこともありますよ。
一度ショップのおばちゃんと大喧嘩しました・・
ショップの人には、雛といいますか、お店にいる鳥さん達への
愛情が感じれらないなあと思うことがあります。
最近はあまりショップへも行かなくなりました。
餌はもっぱら通販ですね。
便利にもなりました。

昔は小鳥屋さんで産まれた雛を、小鳥屋のおじちゃんが大事に育て、
それをお客に渡してくださったものです。
おじちゃんの愛情があふれていて、雛は元気で大きかったわ。
わたしはまだ子供でしたから、
おじちゃんに、あなたはまだ子供だから売ってあげない。
と言われたこともありましたね。

今は、鳥の雛を仕入れてきて、それをある一定の期間に売ってしまう。
これでは愛着が生まれないかなあ。
ちゃんと一個の命なのに、
こんなに軽く扱われていいの。って悲しくなることもありますね。

ペレットについてです
ペレットを食べる子にしたいと思われる方、
今雛をそだてていらっしゃる方。
生後4週目ぐらいから、ペレットを砕いてお湯で柔らかくして、
フォーミュラに混ぜましょう。
離乳です。
撒き餌もペレットを砕いておきましょう。
こうすると、自然にペレットを食べ始めます。
種子は見せては駄目ですよ。

なお、
雛に食べさせるフォーミュラは各種あります。
最近見かけましたがヨーロッパの会社のものです、
乳酸菌入りのフォーミュラがありました。
雛はかびにやられやすいので、いいかもしれませんね。

フォーミュラを選ぶ時には、将来食べさせるペレットを
決めて置きましょう。
将来食べさせるペレットを販売している会社のフォーミュラを
挿し餌に使いましょう。
そうすると、すんなりとフォーミュラからペレットへ離乳しますよ。

私のところは、
フォーミュラはケイ☆社、ペレットは、ズプ☆社、ハリ☆社、ヒギ☆社です。
ヒギ☆社はうちの子達には大人気です。
防腐剤も含まれていないので、気に入ってます。
皆様のところはいかが??


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。