獣医師広報板ニュース

鳥類掲示板過去発言No.1700-200201-54

ムックンさんへ
投稿日 2002年1月21日(月)00時44分 まるる☆

くららせんせい ムックンさん 
はじめまして、まるる☆です。

ペットショップで売られている小鳥たちのことについて、
わたしも本当にそう思います。
先日、あるペットショップに白文鳥とシナモン文鳥の雛が入っていて、
毎週のように見に行ってました。
寒い冬なのにペットマットひとつで、みんな寒そうに寄り添っていました。
そのうちの何羽かは、元気がなく、次の日にはいなくなってました。
最後には2羽だけ残って、1羽は目も開かず、今にもしんじゃいそうにしてました。
それでも、お店の一番入り口の床の上に置いてあるのです。
うちは既に文鳥がいるし、これ以上増やすつもりが無かったので、泣く泣く
家に帰りました。でもその夜その子たちが夢に出てきて、
次の日すぐにお店に行きました。
店員さんは「あと3日くらいですねぇ」って言うのです。
それでもお店において売ってあるのです。ゆるせません!!!!
「つれて帰ります!」って言って買いました。
「シナモン文鳥は高いから、1割引きしかできませんよ」と。
そんなこと関係ありません、それよりそんな子でも仕事させるのに頭にきました。
うちにつれて帰ってみると、ずっとペットマットの上で
温まっていたので、足が偏平足のように開いたまま掴む力も全く無く、
立つこともできませんでした。
その後、栄養とペットヒータで保温し、今では元気いっぱいです。

もっともっと鳥たちのことを知ってから扱って欲しいです。
皆が皆そうではなく、本当に素敵なペットショップはいっぱいあるのですが、
ちっちゃくっても、ひとつの命なのです。心から願うことです。。

すみません・・つい。。。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。