獣医師広報板ニュース

鳥類掲示板過去発言No.1700-200310-11

「小鳥の飼い方と病気」の本
投稿日 2003年10月3日(金)00時53分 あお

こんにちは。
今日はお願いしたいことがありまして・・・
実は『小鳥の飼い方と病気』という本があるのですが、
今では絶版になっていて、もう手に入らない本があるのです。

その本の著者は、高橋達志郎先生といって、日本ではじめて小鳥のお医者さんに
なった方で、何千という患鳥を診ながら薬の量加減や病気の事や手術のことや、
その他小鳥の生活全般を研究したすごい先生です。

残念ながら先生は10年ほど前に他界されたのですが、その先生の著書がとにかく鳥を
飼うのにこれ1冊あれば!!というくらい詳しく書いてあるそうなのです。
それが今絶版とは・・・。
先日神田の古書店街をまわったのですが、やはり見つけることができませんでした。

けれどこの本、復刊して欲しい!という投票が100票集まれば復刊されるという
サイトを見つけまして、もしよろしければみなさんに投票して頂けないかな・・・
と思った次第です。
自分の友達に手当たり次第に頼めばそれは何票か稼げるでしょうが、本当に良い本
なら読みたい!という愛鳥家の方の一票の方がいいと思ったので、
ここに書かせて頂きました。

私のつたない文ではわかり難いかもしれませんが、そちらのページのコメントの
ところを読んで頂ければどれだけ復刊に切望されているのかわかって頂けるのでは
ないかと思います。こちらが復刊ドットコムのページです。
ただ今24票入っておりまして、復刊まであと76票と道は遠いのですが・・・
どうかよろしくお願いします
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=7983

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。