獣医師広報板ニュース

鳥類掲示板過去発言No.1700-200310-25

>高橋先生って
投稿日 2003年10月9日(木)23時48分 あお

>チーママさん

高橋先生に診て頂いたことがあるのですね?いいなあ、うらやましいです。
私が先生を知ったのは『全日本動物誌14巻』に集録された「小鳥のお医者」
の文献を読んだのがきっかけです。

>ご不自由な体で車椅子に座られながら、一心に病気の鳥を
>診ておられた姿が思い出されます。

先生は戦後まだかけだしの頃、狂犬病の犬の解剖をしている時に、
あやまって自分の指を切ってしまい、その治療に使ったワクチンの副作用が
きっかけで、足が動かなくなってしまったのだそうです。

その絶望の中、病床に鳥を飼い、増やし、愛鳥家に小鳥をわけてあげているうちに、
生き物を飼えば当然の病気がでたので、その治療にあたっているうちに日本はじめて
の小鳥のお医者さんとして全国に知れ渡り、各地から先生を訪ねて患鳥が来たそうです。

先生の治療のお話しはいろいろありますが、中でも餌袋が破れて、餌がぽろぽろ
こぼれるスズメの子を縫って助けてあげたり、骨折したハトをハンモックで休ませて
足を使わせないようにする工夫、

さらには毛引き症で丸裸のセキセイに、お手製のチョッキを破られても破られても
着せて羽が生えそろうまでがんばった話しなどなど。。。
こんな事を昭和40年にはすでにこなしていたのです。

>基本的な体の構造、習性、飼い方等、手元にあるにこした事は
>ありません。それに体の構造や習性等は変わりません。

はい。本当にチーママさんのおっしゃる通りだと思います。
「小鳥の飼い方と病気」の本は、先生が自ら小鳥を飼い、そして患鳥を診ている
中から生まれた素晴らしい本です。
発刊以来、20年経た今でも獣医師の卵の方が読みたい本として、探しているほど
だそうです。復刊を願ってもう一度リンクさせて下さい。

http://www.fukkan.com/vote.php3?no=7983

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。