獣医師広報板ニュース

鳥類掲示板過去発言No.1700-200310-49

アヒルの腱滑膜炎?
投稿日 2003年10月18日(土)08時06分 けい

突然お邪魔いたします。
どこへご相談申し上げてよいのか分からず、やって参りました。
是非どなたか御意見いただければさいわいです。

ウチには生後5ヶ月半になるアヒルがおります。
室内と庭を行き来する生活ですが、数日前から右の足関節を痛がり、
びっこを引くようになり、いつも見て頂いている先生に見てもらっています。
レントゲンでは明らかな骨、関節の変化はなく、軟部組織の腫脹だけです。
肉眼的にも左右差が分かる程度の腫れがあります。症状が出る数日前に、
親指の爪をどこかに引っかけて折ってしまったので、そこからの単純な感染症
かと思っていたのですが、それにしては傷口はすでにふさがっていて、その
根部の足関節の上が腫れるのはどういうことか、、、と主治医の先生も
半信半疑です。移行性のよいと本に記載のあるリンコシンとケトプロフェン
を先生と相談して選択し、経口投与を続けているのですが、
もしやマイコプラズマ性の腱滑膜炎等であれば、薬剤は他のものを
選択した方がよいのだろうか?などと疑問が沸いてきます。
主治医の先生ももうして症例の治療経験があまりなく、
「セカンドオピニオンをいただけるなら、それも参考にしたい」
とおっしゃっていただいたので、どなたかこのような水鳥の腱滑膜炎の
治療経験をお持ちの先生がおいでになりましたら、ご指導を仰ぎたいと
思い、書き込みさせていただきました。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。