獣医師広報板ニュース

鳥類掲示板過去発言No.1700-200410-44

reフクフクさん
投稿日 2004年10月2日(土)13時54分 投稿者 はたの

常同行動でさえそうなんですが、各種のイタズラは、それによってストレスを解消していると考えてよいと思います。その根本となるストレスはあり、ヒトがより能動的にリードして解消させてもいいわけですが、鳥が自分で開発したものであれヒトが与えたものであれ、ミソは、鳥にとって危険ではないか、ヒトにとって問題ではないか、というだけのことです。
 そういう行動を取ろうとする根本は、衣食足りて退屈であるからですから、ある意味では健全なんです。怯えて縮こまっていたら退屈はしませんから。
 積極的に対象を与えてやるなら、動物園等で行われている「環境エンリッチメント」をご参考に。言い換えれば、良いストレスを与える、ことになります。
 フクロウに対する事例はほとんどないと思いますが、「こういう性質の動物にこういう遊びを与えている」という原則がわかれば、コキンメに向く遊びをご自身で工夫できるでしょう。
 嘴を削るのに電動リューターでなくてはならない、ということはありません。使い慣れていれば便利ですが、慣れていなければかえって手間取るでしょう。
 頭の中でいいので、どう持ってどう削るか、左右の手の20本の指の使い方のシュミレーションを。用具としては、安いものでいいので、いろいろな大きさ・形状のヤスリを数を揃えることをお勧めします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。