獣医師広報板ニュース

鳥類掲示板過去発言No.1700-200503-89

文鳥のホッペ辺りが膨らんでいる。
投稿日 2005年3月27日(日)01時31分 投稿者 yama

>>鳥飼さんへ

ご丁寧なアドバイスに感謝いたします。
ご指摘の通り、不注意によりこのような症状になったものと
反省しております。
「鳥の飼い方」「病気」などのキーワードでネット検索して多数の
サイトを見てわかったのですが、「図鑑などで鳥の飼い方を読んだ」
「ペットショップで飼い方を教えてもらった」それだけでは
飼い主として全然知識不足だということがわかりました。
よい飼い主になるためには、購入前に専門書やネットで鳥の健康を
維持するための最低限必要な知識をしっかり学ばなければと痛感し
ております。シナモン文鳥には本当に可哀想なことをしたと思います。

近くにある獣医さんは閉まっている時間帯でしたので、電話で
お話したところ以下のようなお返事をいただきました。

「買って2日で発病したのなら元から病気の子なので、
購入先ショップに問い合わせてください。」

しかし、ショップに問い合わせても病気を治せるわけでも
ありませんので、明日早くに獣医に連れて行きます。

電話での対応が疑問ですが、私が住んでいるところは田舎なので、
他に設備の整った獣医が近場にないようです。そのため、この獣医
さんにお世話になりつつ、ネット検索や、ここの皆さんのアドバイス
を参考に自分で出来る管理「温度管理」「栄養補給」などを
しっかり行っていきます。

> トリコモナス

検索で調べてみましたら、
「のどのあたりがプチぷちと鳴る」とありました。
購入当初からプチプチと小声で鳴っていたのが少し気になっていま
したが、もっと早くに調べるべきでした。(現在は鳴っていません)
取り敢えず、鳥飼さんからアドバイスを頂く前にネット検索で
調べた以下対応を取りました。

・くちばしを手で無理やりあけて、押し餌を食べさせました。
・部屋の温度を25度にして、ヒナを入れてある箱の下半分に
小型電気コタツを置いて30度前後になるよう調節しました。

現在も左上を向いたまま、右ホッペが膨らんでいます(膨らみの
中身が膿のようなもので埋まってきました)が、体力的には
少し回復してきたように思えます。
このまま、病院にいくまで元気でいてくれることを祈るばかりです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。