獣医師広報板ニュース

鳥類掲示板過去発言No.1700-200702-32

Re:Re:Re:ドルバロンについて
投稿日 2007年2月12日(月)00時16分 投稿者 sutemaru

確かに程度によってはなかなか難しい事もあるでしょうが、鳥の種類、重さの加減、環境の整備などでも改善に向く事もありますから、どの程度かわかりませんが可能性が無い訳ではないと思いますよ。
例えばかなり重度とするとそこまでなる前に色々気が付く事があると思うのですが。それが気が付かないようでしたら、それほど重くはないのかもしれないですしね。
遠い病院でもその鳥の性質などでも違うと思いますよ。
種類は何ですか?
例えばアヒルなどですと水で感染しやすくなる事もありますし、ある意味体重の負担を避けることも少しは出来るかもしれません(泳がせる事などで)
小さい鳥でしたら体重が軽い分負担が少なくなる事もあるかもしれません。
一言ではいえませんが、獣医さんを信頼するか、信頼できるまで育てるかも飼い主さんが出来る事でもありますよ。
先生の性格にも寄るでしょうが、飼っている子の為に先生に勉強して頂く事を考えてみるのも良いかもしれませんよ。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。