獣医師広報板ニュース

爬虫類・両棲類・カメ掲示板過去発言No.2000-200208-63

アカミミ
投稿日 2002年8月28日(水)23時06分 とこまだしよ

カメ太 さん

GOさんが言われている通り、必要以上の脂肪の蓄積はあまり必要
ない様に思います。
栄養価の高さに重点を置くよりも、栄養バランスに注意をそそぐ
ほうがより重要です。
多分毎日のようにエサを与えているのでしょうし、それであれば
手足や首を引っ込めた時、完全な防御状態というより、お肉が
はみでているのではないでしょうか。(笑)

冬眠を考える場合、冬眠前の栄養状態も勿論大事ですが、
冬眠環境の工夫も同様にポイントとなります。
自然では自分自身で良い場所を選ぶ事ができますが、
飼っている場合にはそれを人間が用意しなくてはなりません。
狭い環境で安定した状況を再現するのは、それなりに気を使います。
私の最近の方法は、比較的マイルドな冬眠のさせかたをしています。
室内冬眠で、刺激をすればすぐに目を開けて反応する程度の温度。
昼間、夜間、天気によって変化しますが、だいたい5〜15℃。
屋外冬眠では、冬眠がうまくいったかなと思い始める3〜4月頃に
力尽きてしまう事が時たまありましたが、室内越冬にしてからは、
非常にうまくいっています。

カメ太さんが、今までも冬眠をうまく行っている方であれば、
今回のコメントはとても失礼であったかもしれませんね。
ただ単に栄養価の高いものと言えば、本来は脂肪分ですが、
一般的に爬虫類では、高脂肪は良くないので、やはり蛋白質。
ところが先にも述べたように、いくら良いからと言って
お肉ばかりをあげていたら病気になります。
本当であれば川魚やカタツムリや貝類、ザリガニや川エビ、
etcの全体食がよいのですが、これらは寄生虫の巣。
やはり、色々な意味で人工資料が一番かなと思います。
その際には、是非原材料や成分表示を確認しましょう。


こんどーいさみ さん

どうもお久しぶりです。
確かにちょっと便か柔らかすぎるようですね。
エサの種類、寄生虫、水質などをまず疑ってみてください。
食欲が落ちているのと今回の下痢が関係あるかはわかりませんが、
食欲と言う事だけで言えば、エサを少しの間抜くのも、
食を刺激するのによい方法です。


GO さん、お久美 さん

ふぉるくん(?)、また大きくなってませんか?
あれ、サッシですよね、すっげー怪力、重戦車。
ビンゴくんはさすがに無理でしょうから、ふぉるくん
に開けてもらったら、ビンゴくんが代わりに外に
お出かけですね。
お気をつけください。(笑)


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。