獣医師広報板ニュース

爬虫類・両棲類・カメ掲示板過去発言No.2000-200410-121

タイムリー
投稿日 2004年10月31日(日)23時33分 投稿者 とこまだしよ

今回タイムリーにリチャード・ゴリス先生のお話を聞く機会があり、
そこでヤモリの足先の電顕写真を見せていただく機会を得ました。

ありました!刷毛の先にそれぞれツリガネムシのような吸盤状の構造が!!
先生曰く、それぞれの吸盤はヴァンデルワールス力でくっつく事ができ、
それぞれの吸着力は非常に小さいが、無数のそれで体を支える事ができる。
逆に簡単に外す事ができるために天井のような所でもあのように素早く
動く事ができる。・・・というもの。
すばらしい、の一言ですね。
自然の力はスゴイ!
本人(?)たちは分かってか分からずかそのように進化してきたのですね。

はたのさんとGOさんのおいしいとこ取り、失礼いたしました。
ありがとうございます。


ラン さん

詳しい飼い方やお住まいの地域が分かりませんので一概には言えませんが、
安全を第一に考えるなら、やはり屋内越冬が無難です。

と言う事で私のやり方をご紹介いたしましょう。

秋口、カメ達が甲羅干しに上がってこなくなった所で室内に取りこみます。
コンテナボックスや衣装箱に、首を伸ばせば頭が出るくらいの水を張り、
家の北側等、比較的温度が安定した場所に置きます。
年内は1ヶ月に1〜2回水換えを行います。
水は一見きれいに見えますが、かなり痛んできますので水換えが必要です。
一番寒い時期、1〜3月でも1〜2ヶ月に1回位水換えをします。
4月の終わりから5月初旬にかけて、カメの動きが良くなったところで
屋外に出します。

その年に来た個体は必ずそのようにするのですが、室内冬眠をさせることにより
冬眠中の死亡率が格段に低くなりました。

屋外冬眠でしたらもう少し情報が必要です。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。