獣医師広報板ニュース

爬虫類・両棲類・カメ掲示板過去発言No.2000-200501-4

ランさんへ、カメの冬眠について
投稿日 2004年11月2日(火)00時06分 投稿者 カメ守

私は兵庫県の明石市に住んでます。
ゼニ亀の冬眠についてですが、おそらく7cmくらいの甲長だとおもいますが、
私も毎年冬眠させていましたその経験を書きます。
今年の夏、世話をおこったために、死なしてしまいましたが、冬眠は6回させました。
ちなみに、このカメは川で捕まえた、3cmくらいのクサガメでなくなったときは10cmくらいになってました。
私の場合、深さ25cmくらいの水槽に半分くらい落ち葉を入れて、水を上から5cmくらいまで入れます。そこにカメを入れて、逃げないようにネットをかけ、ベランダの日の当たらないところに置いてます。
11月の終わり頃に冬眠させます。
水が減ってきたら、ネットの上から足しています。
冬眠あけは、明石城の堀のカメがではじめたら、落ち葉の下から出して、きれいに洗ってやします。あとは、配合飼料を少しずつやるだけです。
冬は、気温が低いので、細菌類も繁殖しないようです。
夏のケアーが大切で、水替えを怠ると皮膚病になります。
私の場合は、自家中毒になったのではないかと思います。
クサガメは少しくらい汚れた水でも大丈夫だと思っていたのが失敗の元でした。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。