獣医師広報板ニュース

爬虫類・両棲類・カメ掲示板過去発言No.2000-200501-52

是非病院へ
投稿日 2004年11月24日(水)18時34分 投稿者 とこまだしよ

M さん

総排泄口から脱出するものはクロアカやそこにつながる
直腸や膀胱、尿管などがあります。
脱出の程度や何が出ているかによって話は異なってきますが
クロアカの脱出であればもどして軽く縫っておくだけで
なおることもあります。
糸を取ると再脱出してしまう場合には、開腹手術が必要な事も
ありますし、脱出する原因がある場合にはそれを解決する必要もあります。
ヘルニアは大抵は完治可能な事が多いので、早いうちに是非爬虫類に
明るい病院へ行ってみてください。

みさたろ さん

爬虫類は元気でも普通は1日中歩き回るいきものではないと思います。
病院へ相談して対処の仕様がないと言われたそうですが、それな実際に
連れて行って診てもらったのですか?
少なくとも今はかなり症状が進んでいるようですし、へたをすると
ご心配のように化膿したり、敗血症を起こしたり、貧血を起こしたり
取り返しのつかない状況になりかねません。
本当に心配されているのであれば早めに爬虫類に明るい病院へ連れて行ってください。
対処できない状態ではなく、何か対処しなくてはいけない状態のように思うのですが・・・。

>リクガメに聞く傷薬や、いい食べ物、治療方法、何でもいいので・・・

これは、リクガメを人に置き換えて考えると分かりやすいのですが、
その原因、状態や程度によって全く異なるものです。
何にでも効く薬はありませんし、治療法も異なります。






◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。