獣医師広報板ニュース

爬虫類・両棲類・カメ掲示板過去発言No.2000-200505-11

拒食についてその後の展開です
投稿日 2005年4月5日(火)23時45分 投稿者 freaks

アドバイス有難う御座います。
獣医についてですが、過去に調子を崩したツノガエル
を遠方まで連れて診てもらったことはあります。
が、個人的には長時間の移動のストレスは多大だと感じました。

当時、病院では丁寧且つ誠意ある診療を受けました。しかしながら、
結果として快方には向かいませんでした。連れて行くケースの殆どが
手遅れであったことが原因であるためと思っています。
とりあえず、現在飼育環境の見直しも含め試行錯誤中です。

調子の思わしくなかった子は、給餌を2日続け
糞をし、木や鉢植えにまで登るようになりました。
(それまでは地べたにベタッとしているだけだったのですが)
でも、相変わらずひっくり返ったりはしていますが。。
動き回るようにはなりましたが、回復の兆候かどうかは分かりません。
とりあえず霧吹きを多めに行い、飼育温度も普段より高めに設定して
様子見です。

強制給餌は・・・本当に飼育側も辛いですからね。
自主的に食べることを祈って、諦めず根気よく頑張ってみようと思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。