獣医師広報板ニュース

爬虫類・両棲類・カメ掲示板過去発言No.2000-200505-22

経験談
投稿日 2005年4月21日(木)01時10分 投稿者 チーママ

冷蔵庫にサシを保存できますか?
サシって言えば聞こえはいいですが、要はハエの幼虫ウジです。
その昔一夏アマガエルと一緒に暮らしました。
始めは魚屋さんの裏手などで補虫網を振り回してハエを取ったり
小さなコオロギを捕まえてきたりでしたが、ある日釣り餌のサシ
に気がつきました。そうです。プラパックに入っているサシを
買ってきて、湿度を保ちながら冷蔵庫に入れておくと・・・
程ほどの間隔でハエに羽化するのです。出来上がりは衛生的な
ハエですね。これをアマガエルにあげていました。
飛んで行ってしまうのがイヤなら、羽を取ってから与える。

ペットを飼う時の一番の問題点は餌です。
餌をどうするのか。この問題点をクリアしない限りは生きものは
飼えません。特に生餌を必要とするものは難しい。
若齢コオロギも使えるでしょう。ちょっと高価な上、コオロギも
飼育する事になります。
ミルウォームも使えるかもしれません。ただしこれも小さなものが
適しているので、マメに購入が必要かと。どんどん脱皮して大きく
ならないようにする為には、これも冷蔵庫保存です。

飼育はプラ水槽でも出来ます。掃除がしやすいように底には金魚の
砂の細かいものを敷きました。それに水を少々入れ、常に砂が湿って
いるようにして、網戸の網でふたをし、日の当たらない風通しの良い
常に目にしていられる室内に置きました。それでも夏の間だけです。
秋から冬にかけての冬越しは素人には難しいと思ったからです。
私もカエル、特にアマガエルは大好きですが、長期間飼い続ける
気力は今現在持ち合わせていないですね(^^;;

身近にいる生き物を飼うのは良いことですが、何でも飼える訳では
ないのですね。このあたりが生きものの命の難しいところです。
子供さんに経験させたいのなら、おたまじゃくしを採ってきて
丹念に飼ってカエルにして、元いたところに返す。
おたまじゃくしなら、熱帯魚のフレーク状の餌で飼えます。
このあたりが一番子供達にはふさわしい事だと思いますよ。
それすら水質管理や餌やりがなかなか難しいものですから。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。