獣医師広報板ニュース

爬虫類・両棲類・カメ掲示板過去発言No.2000-200505-72

オタマ
投稿日 2005年5月28日(土)02時18分 投稿者 はたの

私も随分世話になった口です。
 両生類の飼育にはなるべく触れないようにしているのは、あの変態時生存率の低さの印象があるからかも・・・

 今日、庭の小さなプラ池に産卵がありました。2雄1雌。雌にはとっとと出て行ってもらいました。雄はすくい上げても戻るので放置。リリースコールはかわいいですな。
 陸へ上がれる足場は設置していますが、毎年、親も何匹かお亡くなりになります。池全周に足場がいるのか、それとも、自然に損耗するものなのか。
 水のキャパ以上には産むのもやめてほしいものです。
 ウチで産まずに、育った池なり沢なりまで行ってくれるともっといいなあ・・・
 

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。