獣医師広報板ニュース

爬虫類・両棲類・カメ掲示板過去発言No.2000-200606-20

そうなんですかー。
投稿日 2006年5月1日(月)23時31分 投稿者 とこまだしよ

>実はあの後に全滅してしまいました。

んー残念。
水質の悪化が一番の原因でしょうね。
練れた状態のタンクだったらある程度耐えられると思うのですが・・・。
うちでも水辺植物が越冬しているところに勝手にアカガエルが産卵したり
するのですが、明らかにかなりの密度になるのですが元気に育ちます。

ニホンヤモリが飼育8年というのもスゴイと思いますが、
個人的にはビンゴくんがもう7歳くらいでしたっけ?
うちでは繁殖に使っているので、5〜6歳過ぎるとだとかなりヘロヘロ、
ガリガリになっています。
見た感じまだまだ若々しいですよね。

クサガメですか。
毎年くやしい思いしているので、それは良いかもしれませんね。
そうですね、こちらではクサガメの産卵は6月下旬から7月初旬にかけて、
3週間前後で2クラッチ目、と言う感じでしょうか。
楽しみですね。
かなり脱走の名人、いや名亀なので気をつけてください。
逃がしてしまったら大変でしょうから・・・。
こちらでは、先月中旬から冬眠から起こしました。(外のケージに移しました。)
ここのところの暖かさで、今日はじめてえさを食べるのを確認しました。


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。