獣医師広報板ニュース

野生と自然掲示板過去発言No.4000-200006-39

トキ
投稿日 2000年5月12日(金)22時52分 はたの

むちゃ様
「卵を取られる親」への心配でしたら、「それほど気にする必要はない」でしょう。
野生でも、カラスその他に卵を盗まれることはあります。
「人に育てられる雛」についても心配御無用。中型以上で、栄養要求が判っている
鳥では、肉体的には、人が育てるほうがうまくいきます。種・個体にもよりますが、
親は結構不器用で、餌やりが下手だったりしますし、巣材に雛の足が挟まって骨折、
なんてこともままあります。人が育てれば問題なし。精神的には人に刷り込まれて
自然交配不可になることは多いに有り得ますが、人工受精すればやはり問題なし。
人に刷り込まれた個体も子育てはできますから、自然交可能な個体が欲しくなった
時に、雌のトキと人のペアで育雛すればいいだけのことです。

いわき様
 佐渡で始めてしまったから、という後ろ向きな理由もなくはなさそうですが、
理詰めで考えてきた日本の関係者の分析能力は馬鹿にできません。中国に援助する
だけでは手に入らないデータが得られる、というメリットは無視できないでしょう。
日本人を派遣してすむ問題でもないのです。孵卵器メーカーやら早稲田の石居
教授を中心とした研究グループなど、移転しづらい土台となる技術インフラの
問題がありますので。単純なハナシ、意見交換が出来ている限り、
携わる人間は多いほうがいろんなアイディアが生まれますしね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。