獣医師広報板ニュース

野生と自然掲示板過去発言No.4000-200112-48

ネットの海で漂流
投稿日 2001年11月13日(火)18時56分 プロキオン

こんばんわ、りんママさん。
獣医師広報版で狂牛病の話ができなくなってしまたので、ヤフーやライコスの
掲示板を始めあちこちをさまよっていました。ついでに炭疽菌についてもです。

食品関係の掲示板では、狂牛病では犬についてはまだ発生は確認されていませ
んが、「コヨーテ」で出ているとか発言があったり、ある書籍ではフランスの
豚に発病しているとか記載されていたり、混乱している感がありました。
その一方で、獣医師広報版と同じく有名なサイトでの質問に そこに所属する
高名な先生が猫に狂牛病はないと発言していたりで、本当に混乱に拍車です。
# イタリアでは飼い主と猫の同時発病もあり、注目されているのに。

多くの人達が情報を求めて右往左往している反面、それをからかっておもしろ
がっている人も少なからずおりました。特に炭疽については一層ひどい傾向が
あるようです。現実に封書に白い粉をいれて郵送する輩がいるのですから、ネ
ットの掲示板におかしな人物が徘徊しても不思議ではないのかもしれません。

私の県でも食肉検査所における狂牛病検査結果は、非公開ということでしたが
一転、公開に方針が変更になりました。
しかし、詳細を耳にしたところ、陽性反応が出てしまうのだそうです。そこで
検査担当者を替えて実施すると陰性になるのだそうです。その結果は、なにご
ともなく「陰性」と発表されているのだそうです。
まあ、今現在各地の食肉検査所で実施されているのはELISA検査ですので、
当たり前といえば当たり前のことです。むしろ、陽性反応が頻発するくらいの
感度設定で実施してもらわないと、不安です。恐いのは陽性を陰性と判定して
しまうことですからね。

各掲示板で不思議と共通していたのが、「草食の牛に共食いをさせた酬い」と
いう表現でした。出所は共通しているのかもしれませんが、ある意図をもって
書き込まれていたのか、素朴な意見なのか判断しかねました。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。