獣医師広報板ニュース

野生と自然掲示板過去発言No.4000-200112-79

便利さの弊害
投稿日 2001年11月27日(火)20時17分 畠@全国カヤネズミ・ネットワーク

亀レスですみません。
3連休は移入種連続ワークショップ&シンポジウムにスタッフとして参加して来ました。
ニュージーランドの移入種対策についての紹介がメインだったのですが、
日本と比べると、移入種に対する国民の意識の違いを感じました。

>GOさん
>「この名刺はケナフ紙で作りました」
>なんて印刷されていたら即刻その場で数分間のレクチャーです。
有り難うございます(^^)
こういうお返事をいただくと、ウェブマスター冥利に尽きますね。

>りんママさん
野生型のハツカネズミは、大きさがカヤサイズなので、間違えられやすいです。
私のHPにも、「家の中にカヤネズミが出た!」という情報が毎年数件寄せられ
るのですが、確認したら全てハツカネズミでした。
ちなみに、ハツカはカヤに比べて耳が大きい、毛色が灰褐色、尾の長さがやや
短いなどの特徴があるので、今度見かけたら観察してみてください。

>プロキオンさん
>河川敷きの植物の7割が帰化植物
河川敷に帰化植物が多い理由の一つに、河川改修後の植生管理のまずさがあります。
河川堤防を手っ取り早く緑化させる為に、外来種の種子を吹き付けるという手法が
当たり前のように用いられています。
在来の植物は、河川改修で根こそぎ除去された上に、生育の早い外来種に押されて
自然回復まで妨げられます。
なおかつ一旦根付いた外来種は毎年種子散布しますので、その地域の継続的な
外来種の種子供給源となり、非常に問題が多いです。
行政の事業は個人やNGOレベルと比較にならないほど規模が大きいので、
自然環境に与える影響ははかり知れません。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。