獣医師広報板ニュース

野生と自然掲示板過去発言No.4000-200202-49

確かに・・・
投稿日 2002年1月31日(木)17時38分 翼

はたのさんのおっしゃる通り、「私が納得できないから・・・」ではどうしようもないことも、また意見交換したところでどちらが正しいという結論を導くことは出来ないことも承知してはいるのですが・・・。私の中でも矛盾がいっぱいです。
ちなみに、Cの「生命システムと死の捉えかた」については、私は個人的には食べられる「死」と駆除される「死」は別モノと考えております。だからマングースの駆除にも、ネズミの駆除にも反対ですが、人間たちが、他の肉を食べる代わりにマングースやネズミを食べて数を調整する分には、抵抗はありません。病気の治療については、自分が「生きる」ためのことですから、完全否定は出来ませんけれども、欲望は果てしないのでどこかで見切りをつけた方が、とも思います。

gochanさんHPをご紹介して頂き有難うございました。関連法律があるにもかかわらず、日本の行政が本当に希少生物を保護する気があるのか、疑問に思ってしまうことが多多ありますが。国が移入種の「駆除」を認めていることは私にとって勿論残念なことです。けれどそれも、「予防」が徹底されていれば不必要なはずですよね。国が「予防」に充分に取り組んでくれることを願うばかりです。

純玲さん、確かに里親探しはかなり困難だとは思いますが・・・。私が書くことは私の理想です。「殺処分」をなくしてシェルターでの「保護」を可能にした上で、無責任に売買し、移入し、捨てる人を0にできれば、いつかはシェルターもいらなくなるでしょうに、という希望的観測です。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。