獣医師広報板ニュース

野生と自然掲示板過去発言No.4000-200403-115

ガーデニングって?
投稿日 2004年3月29日(月)22時58分 投稿者 もり

>パールちゃん。
毎度まいどありがとうございます(^^?
ハコベって、名前はよく聞いてたけど、これがそうなのかぁ〜と、
感動!!
カワイイ花ですね。
まだまだ、このシリーズは連続しそうなので、よろしくお願いしま
す。
ちなみに、今日、「野草の花図鑑(春)」(スコラ出版)を古本屋
で買ってきました。
¥900もしたんだけど、しょうがないのかな?
このテの本は、なかなか安くならないかも。

>スマイルさん
あまり参考にならなかったかもしれないけど、ごめんなさい。
でも、職業とするなら、本当に慎重になったほうがいいですよ。
とくに、公務員として自然関係に係わろうと思うなら、かなり
のストレスを覚悟しなければなりません。
精神的にタフじゃないと、すぐつぶされますよ。
それは、NPOでも言えるかもしれません。
自分の適性をじっくり考えてから、決めたほうがよいです。
打たれれば、打たれ強くなる人もいれば、そうでない人もいます。
僕は、自分のメンタル的な弱さを、しみじみと感じ、たとえば尊
敬しているナチュラリストと同じようなことをやりたい、と思って
も、僕はそれができない人間だと、よくわかりました。
スナフキンに憧れても、あんな生き方をするには、やはり「タフ」
という資質が必要。
自分が無理をできるのかできないのか?できないのであれば、どん
なことが出来る範囲なのか?
消極的な考えに聞こえるかもしれませんが、「若さ」だけで突っ
走っていけばどうにかなる、って世の中ではないってことです。
いかに人生を有効に使うか、それは賢い生き方です。恥ではあり
ません。
無理をすれば、自分の力を100%出せなくなります。
自分の力を100%出せるような道を見つけてほしいな、と心か
ら願っています。

>プロキオンさま
いいですね!娘さん!!
きっと、親御さんの影響でしょうね。
そもそも、庭を品種改良外来種の植物で埋めてしまう「ガーデ
ニング」というものに、最近疑問をいだきはじめました。
うちの庭にも、ハーブなんか植えていますが、なんだか野草に
興味を持ち始めると、いわゆる一般的な「園芸」という形に興味
がなくなってきてしまいます。
都会と、周囲に自然がある場所とでは、ガーデニングの意味も変
わってくるでしょうね、本当なら。
東京のビルというビルの屋上に、ぺんぺん草やオオイヌノフグリ
やハコベなんかの花が咲き乱れたら、それはすごいガーデニング
ですよね。
蝶々の食草や、野鳥の好む実がなる植物なんか沢山植えたりした
りしたら、ステキですね。
都会の住宅地の庭でも同じことが言えるかな。
田舎でのガーデニングって、どういうのが理想なのでしょう?
野草は、ちょっと周辺を歩けばいろいろ見つかるから、やはり普段
見ない外国の花を植えてみたいと思うのが人間の性でしょうか?
高山植物を植えたがる気持ちも分かるような気がします。
(盗掘は許せませんけどね・・・)
そう考えると、日本庭園って、なんだか素晴らしい文化だったような
気がします。
枯山水とか・・・。
そういうのって、学校の教育で幼いころから親しませないと無理があ
りますよね。


画像は、畑一面のナズナちゃんです。

画像:

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。