獣医師広報板ニュース

野生と自然掲示板過去発言No.4000-200512-19

野生生物への関心の低下
投稿日 2005年12月29日(木)07時07分 投稿者 もり

近頃感じるのは、大衆の中における野生生物への関心の低下です。
昔、ヤンバルクイナが発見されたとき、世の中のお茶飲み話にもよく取り上げられたように思えます。が、今話題になるとしたら、中山間地域での獣害のことくらい。

子供たちも、動物園で触れ合える飼いウサギやワラピーなどとたわむれるのは好きですが、身近な公園に野ウサギが棲んでいるという話をしても、ほとんど関心を示しません。
そして、不思議なことに、幼稚園などで飼われているウサギにも、ほとんど無関心なのです。

みな、動物園にいる主な動物は、絵本や教材にもよく出てくるので知っていますが、リアルな動物の姿よりも、キャラクター化された動物に関心を示します。

アザラシのタマちゃんも一時的に話題を集めましたが、いついなくなったのか、ということに関心を持っている人は稀です。
カモちゃんの場合は、最初のころから興ざめムードが漂っているような・・。

クリスマスのイルミネーションに集まる人たちは、星空に関心がない。

これでいいのだろうか?と思うこの頃です。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。