獣医師広報板ニュース

動物の愛護掲示板過去発言No.6000-200005-13

少し進展があったらしいです
投稿日 1999年12月24日(金)03時04分 ニャース

Michelleさん、アドバイスありがとうございます。

今週の初めにMichelleさんの書き込みを見てからもう一度、ある掲示板を覗いてみました。

どうやらそこの掲示板は、元々はペットを飼っている人同士の情報交換等の話題が多かったらしいのですが、次第に色々な内容の書き込みが増えてきて、掲示板全体が混乱気味になっているようです。
他の人達から苦情が出始めていて、管理人さんからも掲示板を利用する人達への注意というかお願いが出されたらしく、今週初めに見た限りでは、徐々に静まって行くかな?という感じでした。
そこの掲示板の本来の主旨や管理人さんの意向が一応分かったので、自分としてはしばらく様子を見てみようかな、とも思うのですが、、、。

非常に混乱している掲示板へ直接行って書き込みすることを他の人に勧めるつもりではないです。それと、よその掲示板の運営の仕方について批判する目的でここへしたのではないです。
(この2点についてはもっと前の投稿の時に一言付け加えておくべきでした。すみませんでした。)

>おひょいさん、すみませんでした。


ただ、どうしても気になった事が幾つかありました。
まず、保健所(の職員の人)をごまかす方法や虐待に関連した話題が色々詳しく書かれていたこと、誰もが見ることの出来る掲示板で、他の人にも勧めているとも受け取れる語調で書かれていたこと、そこの掲示板でその話題が始まってからかなり日数が経っているので、多分ものすごく沢山の人の目に触れているだろうということ、です。
保健所の件についてですが、実際に色々なことがあちこちの保健所で起こっているのではないのでしょうか?
一般の飼い主の人達や行政サイドの人達は、そういう '手口′のようなやり方が現実に行われていて、もしかしたらこれからもっと広まってしまうかも知れないという事に気付いているのでしょうか?もしあちこちで様々なトラブルが発覚したりすれば保健所や行政も見直しや改善を迫られるかも知れないですが、そうなるまでの間にも保健所で処分されてしまうケースや本当は虐待で死んだのであっても「事故」や「原因不明」として扱われるケースがあるかも知れません。
もしそうだとすれば、防止の意味でも一般の飼い主の人達もそういう '手口′について知っておいた方が良いのではないかと思いました。

もう一つ気になったのは、話に参加していた人達の中に、自分も(犬や?)猫を飼っていると言っていた人達が居たことです。
(どういう動機や考えの人達が参加していたのか、どういう風な内容だったのかは、以前の投稿で大雑把に述べた通りですが、なんと言うか、、、。)

自分の個人的な考えでは、「品種」があること自体まで否定するつもりではないです。
でも、時々純血種と雑種の違いについてのやり取りを見かけることがありますが、今までに比較的よく見かけたレスでは、飼ってみればどちらも同じというもの、純血種なら瞳とか毛の色や模様などが大体予想がつく、というものが多かったのですが、たまに、純血種は利口で行儀も良いし気品もあるし飼うなら絶対純血種が良い、雑種を飼うのは止めたほうが良い、という内容のレスを見かけることもありました。
外見的な特徴については確かにそうだと思いますが、躾のしやすさや気性の激しさ・穏やかさなどの点まで、実際のところそんなに大きな差があるものなのでしょうか?
ちょっと白状しますが、うちでこれまで飼った犬や猫は全てが雑種だった訳ではないんです。ペットショップで買ったもの、ブリーダーというわけではないけど純血種を何匹も飼っている人の所で産まれたもの、純血種の子や孫という血統のものも居ました。
うちでは犬の躾は祖父や父が主導権を持ってやっていましたが、自分で犬と接していてよく思ったのは、血統や品種は '一応の、目安′にはなるかも知れないけれど、決してそれだけで全てを計ることは出来ないという事です。
猫に関しても同様だと思います。
色々な '血統′の犬や猫と暮らしてみて、実感として感じたことです。
・・・でも世間一般では異なる見方や考え方をしている人もまだ多いようです。

新しい法案が可決される前のことですが、故意に犬や猫を殺しても動物は「物」という扱いだから「器物損壊」にしか問われないし、万一飼い主にバレて損害賠償等を請求されても、お金を払って買った犬や猫ならその代金分のお金を支払えばそれで終わりだし、雑種ならお金を払ってやり取りする価値が無いから一円も払わなくても良いんだ、という会話を見かけました。

店などで「商品」として扱われるかどうかによって全てが、極端に言えば人間の側から見て生存が許容されるかどうかまで、
同じ犬や猫であってもその一匹一匹の生命が、商品価値(?)や付加価値の有無や、その(価値の)グレードによって軽視されることがあるのだとしたら、そのことについても疑問を感じます。


現在の世の中で色々な風潮が残っている以上、捨て犬・捨て猫の事や動物虐待の事について考える上で、避けて通ることは出来ない事柄ではないかと思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:「ペット用品販売」「犬の快癒整体」OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。