獣医師広報板ニュース

動物の愛護掲示板過去発言No.6000-200012-52

まるくさん 迷子のわんにゃんについて
投稿日 2000年12月17日(日)02時12分 Tonko

参考までに・・・と書かれてたので私の経験談を書かせてもらいます。
私の時は子猫でしたし、明らかに捨てられてた様子でしたので、保護してからすぐに 里親探しを始めました。
年齢が上がるにつれて、貰い手探しは難しいと思ったからです。
初めはなかなか欲しいという人が現れなかったですが、段々と3週間後あたりから申し出がきてました。
そしてその内の一件のお宅に貰われていきました。 とてもラッキーな子だったと思います。

里親さんは、探そうとした時にすぐには現れてくれないものだと考えておいた方がいいです。
もし見つけるつもりででしたら、早めにネットを駆使したりして里親探しを始めた方がいいと思います。
もし保護されたまるくさんがそのまま飼われるのでしたら、わんにゃんにとってもそれが一番だと思いますが・・・

>法律的には、自分の物(動物は取得物扱いとなるらしいですが)と完璧になるのは
>半年過ぎてからですが、そこまで普通待てませんよねー。
  確かに・・・わんにゃんは成長しているわけですし。。。
  まるくさんに保護された時点で、わんにゃん達が助けられた事は事実ですし、
  ここは里親探しと飼い主さん探しを 並行してなさったらどうでしょうか・・・
  
     

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。