獣医師広報板ニュース

動物の愛護掲示板過去発言No.6000-200202-25

移入種で思ったこと
投稿日 2002年1月29日(火)03時13分 純玲

横入で失礼します。

人間が勝手に持ち込んで、もともとそこの場所にすんでいた、動物たちに迷惑をかけているのだから、持ち込んだ人間が責任をもって、駆除してやるべきです。これ以上、増えないようにするだけなら、不妊処置をして、元も場所に返せば、良いのでしょうが、食料として食べている以上、その場所には、生息してもらうわけには、行かないと思います。マングースの保護シェルター、どれだけの費用が掛かりますか?命が平等ならシェルターは、台湾ざるにも、駆除されているニホンザルにも、もちろん、行政で処分・愛護団体で処分・個人的に処分されている、犬や猫にも、同じように必要になると思います。ノネコを保護して里親探し、現在飼育猫でさえ、成猫では里親さん探しは、時間がかっています。生まれながらの、ヤンバル育ちの猫を人間に慣らして、不妊処置をして、ワクチンを打って、新しい家族を捜す。捕獲した全部の猫に現実問題、出来るのでしょうか。それだけの余裕があるのかが疑問に思います。

現在の駆除は、仕方がない。でもヤンバルヘの捨て猫問題。安易な、野生動物の輸入・販売・ペットとしての飼育。もっと強い規制が欲しいと思います。少なくとも、現場で作業をしている人は、好きで殺しているのはないですよね。駆除反対のアピールが、かえって税金の無駄遣いにつながる事もあるのではないでしょうか。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:「ペット用品販売」「犬の快癒整体」OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。