獣医師広報板ニュース

動物の愛護掲示板過去発言No.6000-200206-21

傷心(小心?)のママさま
投稿日 2002年4月19日(金)17時18分 マオ

>傷心(小心?)のママさま
大事な我が子同様のわんちゃんが想いもよらない事態になってしまって
お苦しい胸のうちお察しします。決して人ごとには思えないことです。
以前にうちの猫が手術をするときに同意書のようなものにサインをした
ことを思い出しました。記述の中に、手術中に万が一のことが起こったときの
責任は取れないというような文章がその中にありました。私は最初にそれを
見たときにショックを受けました。それほど難しくはないと言われていた手術で
もすることになって親心というのか、とても心配で心がいっぱいになっていた
からです。獣医さんを信用していないということではなく、人見知りが激しい
うちの子の性格を考えて手術台にのせられるだけでもショックで死んでしまうの
ではないかと思っていたからです。それに少し本を読むと麻酔が体質に合わないと
いうことで死んでしまう子もいると書かれていたからです。責任は取れないという
のはミスがあった場合のいいわけではなく、ある程度容易である手術であった
としても手術は手術。獣医さんが賢明にされていても、何が起こるか分からない
部分が万が一としても決してないとは言い切れないものなのだと思います。
パールちゃんさまがおっしゃられている通り100%確実といえる保証はない
ということだと思います。ワンちゃんの病気や手術をしたことでの心の痛みや
ショックは傷心のママさまのお優しい思いやりや愛情でじゅうぶんカバーできる
と思います。例え何が起こったとしても最後まで支えになってあげられるのは
飼い主の深い理解と愛情だと思います。獣医さんへの想いやお考えは分かりますが
最愛のワンちゃんのこれからのことを最優先に考えてあげてほしいです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。