獣医師広報板ニュース

動物の愛護掲示板過去発言No.6000-200206-40

動物の殺処分について
投稿日 2002年5月14日(火)13時46分 pc.nomura

しろさんへ

残念ながら法律等による定義では、飼い主がいる動物は飼い主の財産(もの)として扱われています。
たしかに命ある生き物を殺害することが、不要になった粗大ゴミなどと同様に表現されることには嫌悪感を抱きます。
しかし、法律という形で表すためには、そこまでが限界なのかもしれません。
ネコは、愛護動物として扱われるようになってから殺処分される件数も概ね減少傾向にあります。
イヌの方は、残念なことに減少するどころか増加傾向にあるようです。
具体的な統計資料については、私よりも詳しいものと思います。
イヌの取り扱いについては、法律的にも改善させる必要性が多くの分野で残されています。
現在の問題として、飼い主の管理下から放れたイヌは捕獲され処分されるという点です。
これも運良く飼い主の元へ帰ることができた件数は極めて少ない状況です。
保健所等の必要性について、廃止を求める意見を出すことよりは、保健所等が動物の殺処分を業務の一つに与えられてしまった根本的な原因を解決できる方向への提案を求めたいと思います。
政治家たちが考えるレベルよりも国民の考えるレベルの方が高いと思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。