獣医師広報板ニュース

動物の愛護掲示板過去発言No.6000-200206-54

はじめまして
投稿日 2002年5月23日(木)17時45分 あーちー

すんすんさんと一緒に、「生き物キャッチャー廃止」運動をしているものです。
最初におわびを・・・
本日5/23はサーバーメンテのため、サイトにつながらなくなっておりますので、興味を持っていただけたら、明日以降覗いてみて下さい。御迷惑をおかけして申し訳ございません。

動物の虐待に関するニュースは日々増加して、しかも残虐性を増している気がします。
どんな動物にも、自分と同じ「命」があるのにね。
なんでこんな国になってしまったんでしょう。こんなことが起きるのは、本質的な倫理観が
狂っているような気がしてなりません。
これから育つ子供達にも間違った倫理観を植え付けたくはありません。ゲームで生き物を
景品としてとるなんてのはまさに「遊びの感覚で命をもてあそぶ」ことで、そんなことを
当たり前に思うようになっては、生き物に対して「もの」的な感覚で見ることしかできなくなるのではないかとおもいます。
そこで、まずそこから問いかけるためにこの運動をおこしました。実際に遊んでしまった方でも、話をしていくうちに「安易な気持ちでやってしまったけど、大変なことなんだなぁ」と認識していただけた方もいらっしゃいます。
そういう感覚をもっともっと広めていかれたら、生き物に対する認識も変わってくるのではないかと思うので、賛同していただけたらうれしいです。
http://hotspace.jp/~a-chi-/catch.html

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。