獣医師広報板ニュース

動物の愛護掲示板過去発言No.6000-200206-76

胎盤剥離
投稿日 2002年6月20日(木)23時17分 ぽんた

2月にうちのワン子(トイプードル)が2回目の出産をしました。
けれども予定日よりも早く産気づき、病院に行きエコー検査で<もう、骨盤付近まで
おりてきているので、近いです。>と言われました。ちょっと気になる分泌物もあったのでそれも
見てもらうと、<この色なら大丈夫です。けれどもこれが緑色になった場合には胎盤剥離をおこしている状態で
危険なのですぐ来て下さい>と説明をうけて帰宅しました。次の日は、朝からワン子はうずくまってふるえているし
体温も下がるどころか上がってきているしそれに、緑色の分泌物がでてきて・・・。
すぐ、病院に行きましたが、昨日とは違う先生が診察され、その分泌物を目の前で
見ているのに<大丈夫です。出産の時にはこういうこともあります。一晩様子をみて明日
注射をしましょう>と・・・・。結局、聴診器をあてただけ・・・。なんで、前日の先生と言っていることが違うのでしょうか???
その後帰宅したのですが、だんだん分泌物の量が増えて胎児の動きも悪くなってきて
違う病院を探して電話をし、状態を話したら<時間外ですが、すぐ来て下さい>と言われ
そこに着いたらすぐにエコー検査で、<胎児の心音は聞こえません>と言われてしまいました。
昨日までは、赤ちゃん3匹元気だったのに・・・。母体まで危ない状態とまで言われました。
とにかく、すぐに帝王切開をしますと言われただただ、母犬だけでも助かって欲しいと・・・。
結果的には、赤ちゃん2匹と母犬は助かりました。可哀相なことに1匹は骨盤に挟まって窒息死していたそうです。
翌日、最初の病院に電話をし、診察をして先生と話しましたが、<母犬の状態にかけてました。>と言われました。
もう、そこの病院には行っていません。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。