獣医師広報板ニュース

動物の愛護掲示板過去発言No.6000-200309-11

どこかに書いてあることだったらすみません
投稿日 2003年3月3日(月)21時05分 までりん

人間の場合、「献体」ってありますよね。なくなった方が、生前の意志で遺体を
医療教育の場で使ってもらうというあれ。

動物(この場合、ペット)には、それがありますでしょうか?
払い下げをしてもらえないという話しがあり、ちょっと思いつきました。

私自身は、自分の体は、できれば死後、献体したいなと思っています。
もちろん、臓器移植もなのですが、私の体が他の方の命の役に立つのであれば、
ぜひそうしたい、と思っています。

同様に、もし、私のところの3匹の猫たちに何かあったら、ただ火葬して嘆くの
ではなく、その遺体を、若い獣医さんの卵たちに教材として使っていただき、
他の生きている猫たちの命をつなぐことになんらかの役に立つならば、と思うの
です。

「スーホの白い馬」という童話をご存知の方も多いと思います。
白い馬は、死んでしまいますが、その毛と骨と皮は、「馬頭琴」になってスーホの
心をなぐさめました。
半分冗談で、この子たちが死んだら、三味線にしてそばにずっとおいとこうか、なんて
話しを、連れ合いとすることがあります。不謹慎だと思われる方もおいででしょうが、
私なりの愛情だと本気で思ってます。

三味線はかなり非現実的な話しですが、献体の制度があれば、本気で考えたい。
どなたか、その情報をお持ちでしたら、お教えください。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。