獣医師広報板ニュース

動物の愛護掲示板過去発言No.6000-200803-28

Re:聞きたいんですが
投稿日 2008年3月26日(水)11時31分 投稿者 プロキオン

動物実験に使用される動物の数が減らされてきているという理由については、昨日りんママさんが教えてくれている「へそ曲がり獣医さんのホームページ」を覗いてみるとよいですよ。
私も以前、紹介されたときにささっとは目を通してはいましたが、全容までは把握していませんでした。あらためて「ふ〜ん、なるほど」という感じがしました。
西洋では、ノアの洪水以来、人間がエホバに替わって動物を管理する権利を与えられ、そのことによって動物を食べたり使役してきました。その結果として絶滅に追い込まれた動物がたくさん出てしまい、「大きすぎる声」で注意を呼びかけなければならない事態がありました。一方、東南アジアの国々の中には、人間よりも動物をよほど神に近い存在として扱う国々もあり、単一の見方だけで世界が構成されているわけでもないこともわかります。
同じアメリカでも動物実験の学会が開催されるについて、警官隊に守られて会場からでる都市もあれば、デモ隊が会場に近づくことさえできない程、整備が進んでいるという都市も紹介されていました。動物実験にかぎらず、様々なデモが会場となるホテルに押しかけてくる、会場の方もその都度営業を妨害されてたらどうにもならないので、それだけ進んだ整備をするようになる。動物実験反対運動というのも、アメリカにおける様々な運動の中の一つにしかすぎず、その内容を云々されることもなくなっている、ホテル業界からすれば、騒ぎをおこすことなくおひきとり願う相手という位置づけですね。いかにもアメリカらしい話です。
まあ、それゆえ、認識が甘いというか危機管理がおろそかである日本に海外の活動家があらたな証拠をもとめてやってくるということになるのでしょう。

一般の方というのは、動物実験が良い悪いという話までも行くことがなく、何も知らないというのがほとんどです。ですから、そういう人々にもっと実験に使用される動物のことを知って欲しい、「大きすぎる声」もそのためには時として必要ではないかという意見も前回ありました。これも、もっともな意見だと思います。
何も知らない人々には、「実験に使用される動物の存在」を知って欲しいですし、動物実験反対という人々には、「動物実験そのもの」を知って欲しいと思います。

「へそ曲がり獣医さんのホームページ」の中の動物談義のコンテンツで、「高野山」のところがあります。今から30年40年前に海外から動物実験の告発の声が上がった頃、やはり40年以上も前に日本では実験に使用された動物達の慰霊碑を建立した人間がいたのですね。
手法とたどった道は異なりますが、動物達の有様に心を痛めた方は日本にも存在していました。その時代のことですから、おそらく動物実験になんらかのかかわりがある方なのでしょうが、心のある方だったのでしょう。「鬼手仏心」の教えにも沿うように思えます。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。